第31回札幌冬季がんセミナー

 

いまがんを考える2017

−新時代のがん診療と諸問題・子供へのがん教育−

 

 

日時平成29年1月28日(土)、29日(日)

会場ロイトン札幌 (札幌市中央区北1条西11丁目)

代表世話人:鳥本 悦宏(旭川医科大学病院腫瘍センター センター長)

 

主 催:公益財団法人札幌がんセミナー

    大鵬薬品工業株式会社

参加料無料、事前登録不要

 

 

 

プログラム

 

 

2017128()

1300〜   開会挨拶     細川正夫(社会医療法人恵佑会札幌病院 理事長 / (公財)札幌がん

                      セミナー 副理事長

       代表世話人挨拶  鳥本悦宏(旭川医科大学病院腫瘍センター センター長)

 

 

SessionT 

 

13:10

新時代の膵癌治療−手術と集学的治療−

演者  藤井  努(名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学 准教授)

座長  武冨 紹信(北海道大学大学院医学研究科消化器外科学分野T 教授)

13:35〜 質疑

 

13:50

網羅的がん遺伝子解析に基づくがん個別化医療の推進

演者  西原 広史(北海道大学病院がん遺伝子診断部 特任教授)

座長  田中 伸哉(北海道大学大学院医学研究科腫瘍病理学分野 教授)

14:15〜 質疑

 

14:30

造血器腫瘍における分子標的療法の中止の可能性

演者  松村  到(近畿大学医学部血液・膠原病内科 主任教授)

座長  鳥本 悦宏(旭川医科大学病院腫瘍センター センター長)

14:55〜 質疑

15:10〜 コーヒーブレイク

 

 

特別講演

15:30

サトゥルヌス

演者  國頭 英夫(日本赤十字社医療センター化学療法科 部長)

座長  近藤 啓史()北海道がんセンター 院長)

 

 

16:30

抗がん薬曝露対策に挑む

演者  磯部  宏(KKR札幌医療センター 病院長)

    鈴木 拓也(KKR札幌医療センター がん薬物療法認定薬剤師)

    滝川 邦子(KKR札幌医療センター がん化学療法看護認定看護師)

座長  高橋 將人()北海道がんセンター乳腺外科 統括診療部長)

17:15〜 質疑

17:30〜 情報交換会

 

 

 

2017129()

SessionU

 

9:00

児童・生徒へのがん教育

演者  西山 正彦(群馬大学 学長特別補佐 / 群馬大学大学院医学系研究科病態腫瘍薬理学

           教授)

座長  小林  博(公益財団法人札幌がんセミナー 理事長)

9:25〜 質疑

 

9:40〜追加発言

がん教育におけるChild-to-Parentsアプローチ

    湯浅 資之(順天堂大学国際教養学部グローバル社会領域 先任准教授 / 順天堂大学

           大学院医学研究科公衆衛生学講座)

 

9:50

個別化放射線治療を目指した、リンパ球RNA発現解析による有害事象予測

演者  染谷 正則(札幌医科大学医学部放射線医学講座 講師)

座長  白土 博樹(北海道大学大学院医学研究科放射線医学分野 教授)

10:15〜 質疑

 

10:30

免疫チェックポイント阻害薬の開発とトランスレーショナルリサーチ

演者  北野 滋久(国立がん研究センター中央病院先端医療科 医員)

座長  秋田 弘俊(北海道大学大学院医学研究科腫瘍内科学分野 教授)

10:55〜 質疑

 

11:10

免疫チェックポイント阻害剤のチームマネージメント

演者  岡本  勇(九州大学病院呼吸器科 診療准教授)

座長  本間 明宏(北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 診療教授)

11:35〜 質疑

 

11:50

がんリテラシー教育の実践−がん治療専門医としての新たな取り組み−

演者  大場  大(東京オンコロジークリニック 代表)

座長  辻   靖(国家公務員共済組合連合会 斗南病院腫瘍内科 化学療法センター長)

12:15〜 質疑

 

 

12:30

閉会挨拶    加賀 基知三(北海道大学病院呼吸器外科 診療教授)

 

 

 

 

問合せ先:公益財団法人札幌がんセミナー 

        〒060-0042  札幌市中央区大通西6丁目 北海道医師会館6階

        TEL: 011-222-1506  FAX: 011-222-1526

        E-mail: scs-hk@phoenix-c.or.jp