KENの増毛・・・

これなる、怪しい黒い粉・・・

実はコレフロッキングなんです。
そう、ヴィンのKENのヘッドに施されている手法の素材です。
(早く言うとシルバニアフアミリーの手触りになる素材(^_^))

以前にVintageパーツで紹介したハゲKEN!
このKENを見て、不憫に思ったのか(笑)心優しきまさえままさんが
フロッキングを送って下さったのです。


このフロッキングの繊維は、本当に細かくてプワプワしてました。
息をしただけで吸い込みそうよ〜〜(爆)


指に付けても、ほら
こんなに細かい。。。


まさえままさんが海外のサイトの方に教えて頂いたという増毛法を
伝授して頂きましたが、果たして上手く出来るのか不安だぁ〜〜(^_^:)

では、早速チャレンジ!


どっひゃ〜〜UPで見たくなかった
ですねぇ〜(^_^:)
完璧な
ハゲです(涙)


まずは、生え際に沿って接着剤を
付けます、私は乾くと透明になる
木工ボンドを使用しました。
爪楊枝などで丁寧にちまちま少しづつ
やるのが良いみたいです。


接着剤を付けた部分にフロッキング
を付けて、乾いたらハケや
ブラシなどで余分なフロッキングを
払い落とします。
おお〜〜っ!かなり笑える姿!
「カトちゃんペッ!」ってな感じ。
可哀想すぎるっ、ううっ・・・
(面白すぎて混乱の私)


左の作業を繰り返して、とりあえず
全体に付けましたが、元がツルツルの
ヘッドではなかったので、ガタガタに
なっています。
ここから、根気よく何度も何度も
同じ作業を繰り返す。。。。


フロッキングを付けたばかりの
状態です。
もぅ〜〜生え際が難しいのよねぇ。


私は、メイク用のチークブラシを
使って、フロッキングを払い落とす
作業をしました。
(粉が舞うわ〜ゴホゴホ!)<バカ   


でけた!

一応コレで完成だ!
多少、トラ刈りみたいにガタガタ
になってますが(^_^:))
お顔も傷だらけだし、元の髪色も
良く分からない状態だったので
ハゲが無くなって良かったぁ〜

まさえままのお話では、フロッ
キングの色も何色かあるようです。

なんか、KENが喜んでるように
見えます(*^^*)
まさえままさんありがとう!


ほほほ〜〜20才は若返ったわね!!
昔の床屋さんのモデル写真みたいね。髪がくろぐろ〜〜〜っ。(爆)




この作業をもくもくとやっているのを見たダンナは
「人間でも、同じように粉を付けるのあるよなぁ。。。」って呟いた。


  


Home  Barbie info  カスタムmenu  BBSへ直行