***Barbie誕生秘話***


バービーの生みの親であるルース・ハンドラーさんは最初はご主人と共に
家庭用品(ギフト用品など)を作る会社を設立し、その資材の残りでドールハウスなど
作った事をきっかけに、1942年オモチャメーカーの「マテル社」を設立。

1950年代当時、発売されていたのは、日本で言う「お母さんごっこ」ができる
幼児体型の子供人形ばかりだった。
ある時、娘のバーバラさんが紙人形で大人の女性の口まねで遊んでいるのを
見た時に「大人の女性をかたどったお人形はできないものか?」とひらめいたといいます。

そして、1956年にヨーロッパへ家族旅行に行った際に、オモチャ屋さんの
ショウウィンドウでビルドリリ(Bild Lilli)というお人形に出会った。
まさに、ルースさんが思い描いていたイメージのお人形であった。
でも実は、このバービーのお手本になった「リリ」という人形は
ドイツのタブロイド紙のお色気路線のマンガの主人公を人形化したもので、
大人のオモチャとして売り出されたものだった。
しかしルースさんは、この人形を元に、子供向けのお人形制作を開始した。

Barbieは1959年3月9日N.Yのトイフェアでデビューした。(身長29センチのお人形)
発売当時は、大人達に「大人っぽすぎる」と不評であったが
子供達の絶大な支持により大ヒットした。
現在150ヶ国で発売され、世界で最も有名な人形となっている。

ネーミングに関しては、ルースさんの娘さんであるバーバラさんの愛称を取って「バービー」とした。
又、ボーイフレンドのKENは、息子の名前。

1941年生まれのバーバラさんは
      バービーの発売された1959年に18歳で結婚!!
      シェリルとトッドの2人の子供をもうけましたが、1969年に離婚。
      その後LAにバスルーム&ベッドルーム関係グッズの雑貨屋を経営し、
      現在は隠居生活を送ってる。イギリス人のボーイフレンドもいるそうです。
片や弟のケンは1994年に他界しましたが
生前はエクアドルで、ビジネスとは全然関係なく、HIV,神経痛、
パーキンソン病なんかを完治させるために使う薬の開発、薬草の発見に貢献していた。
彼が生きていたら今は治らないと言われている病気も治せるように
なってかもしれないと、ルースさんは本に書いてる。



 
 2002年4月27(US時間)バービーの生みの親であるルースハンドラーさんが
 亡くなられました。米ロサンゼルスの病院で大腸手術後の合併症のため死去。
 85歳であった。
              
           ****ご冥福をお祈り致します****
    





Home  Barbie top  駆け込み寺menu  BBSへ直行