さらに・・・

11.5インチ18インチ、マイサイズの36インチや6フィートのバービーなど、
様々なサイズのバービーが並んでいました。
等身大のバービーとケンはハワイアンスタイルをしています。私も並んでみましたぁ
ここまで大きいと、バービーも迫力がありますねぇ。


等身大のバービーとKENです。
ハワイアンスタイルでお出迎え
してくれました。
なんと、デカイですね。
・・・って言うか私がチビ
なんですが<爆


羽根付きのバービーが
サイズ違いで存在感たっぷりで
ディスプレーされていましたよん。
この衣装は、なんとマスクです。
仮面舞踏会なんかで使うようなヤツ。
目の部分に腕を入れてました。


コレクション物もモチロンあるわよん。
ボブマッキーがズラリ・・・



こちらはポーセレンですね。
重厚感があります。


色々なシーンを設定してのディスプレー


カジノをイメージしたディスプレー


このディスプレーはとてもカッコ良かった!
車とKENが良い感じです。


日本風のディスプレーも結構あって
中でも、目をひいたのはこちらです。
籠がなんとも良いよね。



バービー以外のお人形もこんなにいるのよ!
まだまだ紹介しきれないぐらいの種類がありましたが・・・


マダムアレキサンダーDollです。
可愛いですねぇ〜


ご存じブラッツです。フローレンスさんは
現在の流行も敏感にキャッチ!


ご存知!ブライスやディーバスターズなどの
デカ頭Dollも加わっていました。
新しいDollもどんどん増えるのね〜


おお〜プレスリースタイルで発売に
なったKENの弟君のギフトセット
の周りにはプレスリーのフィギュアがっ!


キャベツパッチDollも大小様々に
どっさりありました。


タミーちゃん(もちろんVin)や
ファミリーなども、ひしめき
ながら並んでいました。


いや〜〜今回も又、満喫してしまったわ
ありがとう!!又、来まぁ〜〜す!




*****

 

これは99年、バービーが40周年を迎えた3月に
雑誌に掲載されたもののコピーだそうです。
どんな事が書いてあるかと言うと・・・大体ですが・・・

バービー人形が40周年を迎える今月、一人の女性が信じられない数のバースディーキャンドルを
吹き消す事でしょう。そう、彼女は5000体以上のバービー人形を持っているのです。
そして、20万ドルにものぼる彼女の貴重なコレクションを見に,世界中から沢山の人々が集まって来るのです。

フローレンス・デロス・サントス・ラトマートンの4人の子供達は既に育って結婚をしましたが、
彼女には孫は居ません。しかし66歳のフローレンスは寂しくはなかった。
なぜなら沢山のバービー達に囲まれていたためだ。
「バービーにとても感謝している」「彼女たちはいつも私の側にいる」と小柄で人形のようなフローレンスは言う。

12年前の「THE ENQUIRER」のコンテストで彼女は924体もの個性的で多くのバービー人形を出展して優勝した。
「私は今でも、世界の中の1人のコレクターとして沢山のバービーを持っている」と彼女は微笑む。
彼女の沢山のバービーは、どんどん増えている。
彼女はハワイのカイルアにある自宅の、3ベッドルームの広さがあるガレージの中へバービーを保管している。
「私のコレクションは、家の中に置くには膨大になりすぎた。それまでバービーを家の中のあらゆる所に置いた・・・
例えば、ソファーや椅子の上、テーブル・・・私の家はまるでバービー工場の様になりました」
と彼女は笑った。
しかし、バービー人形をガレージに移した後も更に買い続けた。
そして彼女の2番目の夫(58歳で、ホテルのベルマンをやっている)ジョンと2人でガレージを増築した。
「もし私がコレクションをしてなければ、ガレージには6台の車が入ったでしょう。
どの位の広さか分かるでしょう?!」と彼女は言った。

フローレンスがバービーコレクションを始めたのは30年前
末っ子のシャーリーアンに5歳の時に買ってあげた事が始まりだった。
「それから毎年私は、シャーリーアンの為に買い続けました。買えば買うほど私は、バービーに魅せられて
いったのです」と彼女は言う。そしてシャーリーアンが、大きくなり家を出ていった時
バービー達を置いて行った。その後も彼女は、バービーを買い続けた。

フローレンスが「THE ENQUIRER」に参加した後、コレクションを見たい、彼女に会いたいと訪問者が殺到した。
そして彼女もミュージアムを公開した。
そのころから彼女は、日本やフィリピン、カナダ、ドイツ、スイスなど11ヶ国27州から1000人の訪問を受けた。
フローレンスは、色んなタイプのバービーを持っている。
ヒッピーバービーやアストロノートバービー、フライングNUNバービー、世界各国の民族衣装を着たバービーなど。

「私は[これがお気に入り]というバービーは持っていません。全てが私のお気に入りなんです」と彼女は言う。
「今までで一番高価だったのは$1,200した#2です(発売から2番目のタイプ)そして私が持っている中で
一番価値があるのは#1です。それは$800で買いましたが今では$10,000の価値があるのです。
私はバービーにいくら使ったかは考えません。」
大変でしょう?と聞いてみると、
「決して苦にはならないわ、だってバービーは私の子供達のようなんだもの!!」
と言った。



このミュージアムは、無料です。でもチップの国アメリカなので
多少の寄付をしたほうが良いでしょう。行く前には予約が必要です。
場所は、オアフ島のカイルアという町にあります。
ワイキキからバスで1時間位の所です。
英語が苦手でも片言の会話で電話予約ができればOK!
JohnとFlorenceのお二人はとってもフレンドリー!
カメラ・ビデオもOKで日本のお客様も歓迎してくれます。
貴方も興奮の坩堝まちがいなし。

Marton's museum
is in Kailua. For a viewing appointment,
hp 330-8912. or (call256-4423)
She also sells her Hawaiian-style Barbie clothing
at Pacific Beach Hotel's craft fair, from 9 a.m. to 1 p.m. Fridays.

2004年3月の記事より



レンタカー利用の場合のゆきんこメモ
場所はオアフの南東、海岸沿いの町Kailua(カイルア)
ホノルル空港からは車で30分、H-1 Freewayで東に行きPali Highwayに乗り換えカイルアの町まで!
(ワイキキからはH-1 Freewayを西に向かってPali Highwayに乗る!!)
カイルアに入ったらOneawa stを左に曲がって5本目Hualani stを右に入る。
222番地の黄色いお家がミュージアム。(外観は普通のお家なので、見過ごさないでね)






Home   Barbie top   BBSへ直行