東京ミニオフ会のお話
99年夏、それは東京が梅雨真っ只中の出来事だった。

思わぬ事から東京ディズニーランドに行く事になった私。
「うほほ〜〜い!」と浮かれていたらネットの彼方から賀子ママの呼ぶ声。
「ま〜東京へ来るの?是非お会いしたいわ!」

あまり時間が無いのと、極度の方向音痴の私は「ど、ど、どうしましょう!!」
お会いしたいのはやまやまなのだが、一人で行けるだろうか????
しかも広い東京・・・人も一杯・・・・電車も分からない・・・
(なんか、山奥から出てきた人間みたいだな〜)

すると賀子さんがホテルまで来てくれると言うではありませぬかっ!

そんな訳で当日とあいなりました。

その日の東京は、なんとか雨も止みゆきんこは、ディズニーランドで狂喜乱舞。
待ち合わせの9時30分(こんな時間なのに申し訳なかったです(^_^;))
の15分前にホテルに到着!!
「ぎぇ〜〜〜髪はバサバサ、化粧はハゲハゲ〜大変よ〜〜〜〜」
(狂喜乱舞の残骸が、もう若くない私を直撃していたのでありました)

慌てて化粧など直して(たかだか15分じゃどうにもならないのは、分かりきっている)
ロビーへと直行!!お供にゆきだんも連れて行きました。

「あれ?どの人だろう??」
何も目印の打ち合わせもないままだったので、きんちょ〜〜〜
するとソファーに3人連れの影・・・・
「あの方かしら?いや、でも男性が居るから違うかな?」
そんな事を思いながら、ロビーを一周・・・・「ムムッ?こちらを気にしてる??」
「ん〜でも、やっぱり違うかな?」
そう思いながら、ドキドキと無駄な時間を過ごしたゆきんこだったのよ。

何故、無駄かって?だってぇ私たちの座っていたソファーのほんの隣の
ソファーに、3人の影はあったのよ〜〜
(そんな事なら、さっさと声をかけろよ〜って怒らないでくだしゃい)

「そうだ!!!携帯に電話だっ!あのお方が電話を取ればあの人が賀子さん!」
ぷるるるる・・・・ぷるるるる・・・ぶちっ「切れた・・・」
こうなりゃ、直撃インタビューじゃ〜〜(おい、おい)
と、立ち上がった時
シャララ〜〜ン。☆
賀子ママ登場!
黒のドレスに身を包み現れたのでした。(おっと!ビキニは着てないよ)
ああ、やっぱり賀子さんだったのね・・・そして賀子だんもご一緒。
TOKOさんも連れて来て下さったわけね〜〜〜〜ん・

やっと、ごたいめ〜〜ん

喫茶の方に場所を移して、それから2時間あまりのラブリートーク。(何がラブリ〜?)
ゆきだんと賀子だんを端に追いやり、3人でバービーの話で盛り上がり。
(だん同士は何を話していたんだろう???なにやら、楽しげではあったが
時々、こちらの会話に入って「付いていけない世界」を連呼してた)

この時、知った事実なのだが2日前に、私はDDに行った。
そこでPBバービーを発見!!値段を聞いて後ずさり、後ろ髪引かれながら
帰ったのでありましたが、ぬわぁ〜〜んと賀子さんはこの日
「うん、買ったのよソレ(^_^)」と明るく話しておりました。
ぐぉぉぉぉ〜〜賀子さんの財政力が憎いっ!ち、違う、羨ましい〜
ゆきんこは、鼻血が出るほどの衝撃だったのです。
でも、賀子さんが持っているのなら、なんだか嬉しい。
だって、又いつか見る事が出来るかもしれないもの〜〜〜〜
更に、賀子さんはヴィン・フランシーも持ってきて見せてくれたのです。

そして、TOKOさんも明るい方でした。
「私・・・人と話するのが苦手で・・・」と言っていたけど
「あんた!嘘つくんじゃないわよっ!」って言うぐらい、話は盛り上がったのよ。
さらに、TOKOさんはイラストレーターなんだな〜これが!
HPのイラストはすんばらしい!!私好みのカッコイイのから優しいタイプの物
まで何でもござれよ!!

もらっちゃったぁ〜〜〜

TOKOさんからはイラスト、賀子さんからはお手製の着物を貰って
嬉しすぎ〜〜〜〜お会い出来ただけでも嬉しいのに
これには、気が遠くなるかと思ったわ!!(ほんとかよ〜ほんとです)
早速UPしてあるから見てよね。


ラブラブの賀子だんと賀子さん

今回、賀子さんご夫婦にお会いして、かなりのラブラブぶりを
拝見させていただきました。
それに、とってもステキなダンナ様
「いつも旦那様ばかり、誉められるのよ〜でもね、それが嬉しいのよっ」って
賀子さんは言っていたけど、旦那様を心からしているんだな〜〜
もう、のろけ連発で見ていられないくらいよっ(うそ、うそ!)
「私、毎年どんどん好きになっていくのよ」って・・・・
(この〜〜幸せモノがぁぁ〜)
きっと賀子さんは、賀子だんを好きでいられる自分も
好きなんだな、って私は思ったの。
いつか私達もそんな風に、言える夫婦になれるだろうか。。。。。

この事を、後からゆきだんに言ったら「うちは違うの?」って
遠い目をしてつぶやいたのだった・・・・


こうして東京ミニオフ会の夜はふけていった。


THE END



  



Home  Barbie top  何でもアリmenu  BBSへ直行