内藤ルネの本


2000年以降、レトロブームが続いていて当時のイラストレーター
なども注目を浴びています。
当時のイラストでグッズが復活したり、新しいアイテムや
お人形まで登場してます。

2001年にある方の呼びかけによって集まった20代〜30代の
女性を中心とするルネファンが「RUNE DOLL ASSOCIATES」を結成!
「内藤ルネ」の人形を復刻して展覧会を開催しはじめました。


50.60.70年代
少女達の夢のカリスマ
内藤ルネの全軌跡
(河出書房新社 1500円)


内藤ルネコレクションドール
Rune Goll  キャロル

紹介している本の他にも「内藤ルネ」の本は発売されてますし
お人形も数多く販売されました。
画像のDollは初期のものなので今ではなかなか手に入りませんが
それ以降も、パワーUPしたルネDOLLが登場してます。



さて・・・・本の内容ですがタイトル通りルネが歩んだイラストレーター
人生や当時のエッセイが書かれています。
同時に作品も沢山紹介されていて、見応え十分!!
UKチャンネルでもご紹介した中原淳一さんのお弟子さんだったのですね〜




私は70年代の頃のイラストやグッズがめちゃくち懐かしく思い出されました

あったよ!あったよ!このパンダ〜〜
子供の頃にこの「ルネパンダ」のイラストは
小学生の身の回りにどっさりありました。

現在もそうだと聞きますが、シール交換が
流行っていてルネシールはみんなの人気を
集めていたものです。
当然、私も持っていました。
大きくて、厚みのあるシールで当時は
シールの中でも「高級」なイメージを
子供ながらに持っていたものです。
パンダ以外にもアヒルとかあったな〜〜

こちらも同じシリーズのシールですが
お花や果物は、各家庭の窓ガラスなどに
飾りとして貼られていました。
それがオシャレで可愛いって感じで。

ガラスにヒビが入った時にもこんなシールを
貼っていた様に思います。
な〜〜んかレトロですよね〜〜
っていうか、昔はガラスにヒビが入っても
小さなものなら、そのままのお家も多かったです。
今じゃそんな事は滅多に無いですが(笑)



 当時、実物を手にしていた年代にはとても懐かしく80年代以降に生まれた方には
新鮮に見えるのかもしれませんよ〜〜(*^^*)

私は、子供の頃に良くしっていたこのイラストやグッズの作者が
男性だった事を最近知りました。男性なのにこの感性・・・いや〜〜凄い!


2001年「内藤ルネ フェイマスコレクション 人形美術館」開館
静岡県田方群修善寺町修善寺937
料金/1000円 大人同伴の中学生以下は無料
開館/10:00〜日没           
             
定休日/原則的に水曜日   (季節・気候・気分により変動「要電話確認」)




    


Home  Barbie top  何でもアリmenu  BBSへ直行