古川情報のバナーです
大崎市の人口
(2010年11月1日現在)
大崎市 古川地域
66,250 36,930人
70,141人 38,893人
136,391人 75,823人
世帯数 47,094世帯 27,513世帯
[ HOME | 古川の天気 | 古川駅バス時刻表 | 古川便利帖(リンク)【工事中】 | 大崎市公式サイト | billancourt Website(管理人HPトップ)]
Furukawa Beginners' Web
http://www.phoenix-c.or.jp/~billanc-/furukawa/
古川時刻表
えきねっと時刻表[古川駅]
古川−仙台早見時刻表
古川駅前発バス時刻表
古川住民バス
鳴子温泉−仙台駅バス
東京行「ドリームササニシキ号」
 
古川・大崎リンク
大崎市公式サイト
大崎地域広域行政事務組合
大崎タイムス
古川商工会議所
おおさき青年会議所
(株)まちづくり古川
JA古川
古川幼稚園
白梅幼稚園
千手寺幼稚園
古川ももの木保育園
太陽保育園
つくし保育園
古川民主病院
大崎市医師会
大崎市古川イエローページ
ふるかわタウンガイド
マイタウン・ふるかわ
吉野作造記念館
食の蔵「醸室」
パレットおおさき
大崎市古川観光物産協会
大崎ケーブルテレビ
リオーネ古川


 過去の「今日の古川」(バックナンバー >>2002年4月〜2004年12月)
  Last updated 2010/12/9

・「大崎市の人口」を更新しました。
・「バス時刻表」「古川−仙台早見時刻表」を修正しました。

(今後の更新計画)
・現在、「リンク集」を作成中です。
カスタム検索
古川名物パパ好み(通販もあります)  宮城県北のコンビ二/リトルスター  もちとだんごと和菓子「もちべえ」

なぜ、嘘やごまかしをしてまで大崎市民病院を移転するのか??

■移転する方がお金がかかるのでは?という疑問
 市の資料によれば、総事業費は現在地での敷地拡大では214億円、穂波の郷市有地への移転では194億円、したがって、移転した方が安く済む、といっています。
 そもそも大崎市は、軟弱地盤に対応する工事費の増額分については算定すらしていません。おそらく、穂波の郷の地盤は軟弱ではない、という公式見解を行っているために、その算定をするのは前提を覆してしまうから、ということなのでしょう。
 しかし、この工事経費を加えれば、総事業費は少なくとも270億円は下らないといわれます。「事業費が220億円を超えると資金ショート(経営破たん)をおこす」(市民病院経営管理部長の議会答弁)というのに、あまりにも移転計画は無謀です。

■地盤は本当に大丈夫なのか?という疑問
 移転地近隣に建設された「パレット大崎」の地質調査では「地表から9メートル付近まで軟弱な粘性土が堆積、…特に沈下に対して問題の多い地盤状況」という結果があります。また市総務部長は議会で「(岩盤までの深度は)稲葉は、地下77.5メートルという報告書もある」と答弁しています。
 しかし、大崎市は「岩盤までの深度は4メートルほど。これまでの地震でも試され済みの地盤状況」と発表。さらに、「軟弱な地盤とは考えておりません」(伊藤市長)、「穂波の郷では傾いている家は1件も軒もない」(建設部長)などと断言しています。では、古川南中学校の地盤沈下はどう説明するのでしょうか。

■そもそも「公約」は守ろうよ。
 現在の伊藤市長は「大崎市民病院の建設は現在地で」と公約して当選したはずです。それを変更するのであれば、納得できる説明が必要ですが、説明どころは嘘とごまかしばかりの言い訳に終始しています。リコール署名運動が起こるのは当たり前です。
 また、旧古川市議会は「建設は現在地中心に」と決議していることをお忘れになった議員の方がいらっしゃるようですが、古川選出議員全員の公約でもあったはずです。
 
公約したことを忘れて(笑)、議会で病院移転に賛成しちゃった
古川選出議員の皆さん(敬称略)

木村和彦、加藤善市、横山悦子、関武徳、相沢孝弘、
加藤周一、晴山宗規、佐藤勝、佐藤和好、門脇憲男、佐藤清隆


2006年3月 大崎市誕生にあたり、どうしても未来に残しておきたい事実
 2004年9月に合併議案に反対した古川市議会議員15名の「声明」
 議員15名から大崎タイムス社への「抗議文」

 私は忘れません。市民の声を無視して「古川市」を葬り去った古川市議会議員15名のみなさんのこと。

メールはこちらまでSince 2002.3.21. Thanks for coming! リンクの際はご一報ください。
Furukawa City Beginners' Website - Copyright(C)2002-2010 billancourt. All rights reserved.