応援・戦術・経営など徹底議論!
アクセス目。
激論掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.237] やれやれさんへ 投稿者:whiteowl   投稿日:2009/11/12(Thu) 13:09:19

やれやれさんへ

> whiteowlさんも cha-chaさんも何を大喜びしたように書いているのやら・・・。

呼んでもないのに、出てきたのは誰ですか?(笑)
まあ、出てくるかもしれないと思ってレスしましたけどね(笑)。


>  俺の考えは変わっていないよ。俺は、札幌に本拠地があるプロサッカークラブがJ1に定着出来るようなチームになって欲しいと考えている。
>  そのためには、クラブの「予算」がやはりJ1規模でなければならない。

ここまでは、同意見です。というか、誰も反対しないと思います。
問題は、そこから先の手段です。


> そのために必要なのは、親会社があって、その親会社が損失補填をして、J1クラブの平均レベルのスポンサー料を供出してくれることだとが一番大切だと思っている。

やれやれ理論の穴は、あなた自身が一番気付いているように、
そういう親会社が存在することを示せない限りは夢物語と変わらないことです。


>  未来のことは誰にも判らないよ。〜(省略)〜現実には成功しているクラブもあるんだから・・。

やれやれさんて、意外とロマンチストなんですね(笑)。
誰にもわからないなら、明るい未来だけが待ち受けているとは限らないでしょう。


>  大切なのは、そうした可能性を高める努力を続けること・・・。サポーターが正しい認識を持つこと・・。ほんの6−7年前なんてサポーターは、「スポンサー批判、特に石水批判なんて御法度。」という空気だった。その裏で放漫経営は続いていた。
>  そういう空気が、2000年当時Jリーグでも有数の観客動員数を誇りながら「コンサドーレは石屋製菓のイメージが強すぎて他の企業がスポンサード出来ない」という結果をもたらした。「そういうサポーターの空気(考え)を変えたい!変えなければ経営改善は望めない!」と考えた。

やれやれさんの功績は、これだと思いますよ。

問題は、手段なんです。可能性を高めるというのはもっともだと思います。

だから、放漫経営の続く赤字体質の企業を喜んで肩代わりする企業が現れるかってことですよ。

やれやれさんの話は、一足飛びなんです。

まずは、過大な期待は出来ませんが、HFCがまっとうな経営をすることが
好条件のスポンサーなり親会社が付く可能性を高めるとは思いませんか?

HFCがにっちもさっちも行かなくなって、SOSを発信した時に、親会社が出てくるかもしれませんが、
cha-chaさんが心配する今までの「コンサドーレ札幌」と似て非なるものが出現する可能性が高まります。

まあ、やれやれさんは、HFCの経営能力に疑問をもっているから、それよりかは
他の誰でもいいからやった方がいいと思っているんでしょうけれど(笑)。

でも、現状、存在しない親会社に期待するより、HFCに期待するしかないでしょう。
そして、そこがまともになれば企業価値が上がり、まともな親会社が付く可能性だって高まるでしょう。


>  whiteowlさんや cha-chaさんは、俺の考えを批判するのは良いが、今後札幌はどうして行けば良いと思うのさ。是非教えて欲しいね。

だから、書いてんでしょうが(笑)。


>  俺はもっと上を目指して欲しい。J1定着出来るようなクラブになって欲しいと考えているよ。

だから、そこは誰も反対しないって(笑)。
ただ、今は一足飛びにそこに行く話は出来ないってことです。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー