応援・戦術・経営など徹底議論!
アクセス目。
激論掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.247] Re: やれやれさんへ 投稿者:cha-cha   投稿日:2009/12/12(Sat) 13:34:35

>事情通さん
レスありがとうございます。

> 私は石屋製菓と石水氏が北電と共存する(できる)ことは不可能でないと思っています。
>
> 理由1:北電はオーナー企業でなく、株主が多様化しているので昔の経緯などは、水に流すと現状で判断すればよい。昔の経緯を「口実にして」いるだけだと思います。
その「水に流す」という判断を北電がする(出来る)かどうかということ自体が極めて懐疑的ですけどね…
何せ、長きに渡り北電トップが道サッカー協会を牛耳り、北電サッカー部を軸とするプロチームの可能性を探ってきたところに突然コンサドーレが出現し、北電としてはメンツ丸潰れになった訳ですから。
その時の遺恨はそう簡単には消えないでしょう。

> 理由2:白い恋人サッカー場でノブリッツは練習試合(コンサと)やリーグ戦を行っていて現場サイドの問題はない。
現場サイドだけで決められる問題とも言えませんからね…(むしろ上層部同士による合意の成否の方がずっと大きな問題です)
あと、細かいことですが「ノブリッツ」ではなく「ノルブリッツ」ですね。

> 理由3:サポーターで15年前の経緯を考えている人は少ない。
コンサ創設当時からのサポは結構多いですし(中にはそれ以前の東芝時代からのサポも少なくありません)、当時の経緯を今なお鮮明に記憶している当時からのサポはかなりの数にのぼります。

> 昔の経緯より、今唯一のサッカークラブがコンサであるという事実の方が優先されるべきです。
いくらそれが望ましくても、現実はそう簡単にはいかないでしょう。

> 理由4:白い恋人サッカー場に何十億円も投資し、この前も1億円を個人でただ一人出資した(金が返ってこないのを知っても)人は石水氏だけです。この人の功罪はともかく、コンサ応援の信念があることは行動が示している。北電を呼ぶなら石水氏が譲ることはあると思います。
だから石水氏の姿勢というより、北電側が応じない可能性が極めて高いという問題の方が大きいと思いますが…。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー