応援・戦術・経営など徹底議論!
アクセス目。
激論掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.32] Re: コンサドーレの応援について 投稿者:山親爺   投稿日:2008/05/03(Sat) 01:02:05

あくまで自分でやってみた経験から話をします。
私は現在はB自由席のシーズンチケットを持っています。
全体の2/3は親友と一緒に観戦しますので、ホーム側熱サポの後ろの坐ってみる席のほぼ真ん中にいます。野次ったりもしますが、コール半分、後は観ていると言う感じです。
残り1/3は一人で行きますので、出来るだけ濃い席に位置を占めて、サポートします。この時は声を限りにコールに沿って歌います。
以前はアウェイ席で観戦したことも多い状況でした。SS席、S席、SA席、SB席全てで観戦したことがあります。それぞれに雰囲気、応援の仕方が異なります。
一つ言えることは、試合を観て楽しむということと、声を出したり跳ねたりしてサポート(応援)するということは、相反する行為、正比例する、ということです。
試合をよく見たり、ゴールシーンを目に焼き付けたり、4−4−2などのシステムを研究したりするのであれば、ゴール裏の濃い席のサポートは絶対向きません。ゴール裏の濃い席で、リーダーの導き通りにコールをするのは相当体力がいります。声を出し続ける為には腹筋が必要ですし、サルコという飛び跳ねる事にもなれば、身体能力も必要になります。縄跳び1日千回のトレーニングが必要です。観戦どころではないというのが本音です。ちなみにゴール裏でも、9割は最初だけ勢いよく跳ぶが、長くなってくると跳ぶのを止めてしまう人で、完全に声を出し切り、跳びきる人は本当に稀です。
その他旗も振られたり、厚別では前の方で角度がつかないので、試合展開が見づらいのが実状です。だからゴール裏で本当に濃いサポートをするためには、自分が観戦して楽しむということを犠牲にしなくてはなりません。
どちらがよい、という事は無いと思います。「金を払っているんだから、俺はゴールシーンをしっかり観たいんだよ。」というのも当然ですし、試合後に選手が「サポーターの声が支えになった。」とコメントするのを無上の幸せと考える人も素晴らしいと思います。それは応援に対するその人のスタンスによって決まることだと思います。まずはその人がどのスタンスで、応援を考えるのかということから始まると思います。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー