今月の旬 番外

83回目の「今月の旬」
今回は一息ついて実験農場の様子をご覧に入れます
旬、かな?
花の時期を迎えて写真のモチーフには良い時期
旬とお考えいただいても良いですよね
本当は、夏休み、です
 

  2009年 8月のテーマ 「 圃場 素描 」

 

 

 野菜ではないのですが、いただいた種をチョット懐かしく思いながら植えました。ラジオ体操に行かなければ咲いているところは見られないでしょうか。今日はちょっと朝寝坊、もう閉じかけています。
 

 

 ズッキーニも可愛い花をつけます。色は同じでも、どこかカボチャとは違い可愛らしさを感じます。カボチャも嫌いではないんですが、ワシワシ伸びるからでしょうか。「憎まれっ子世にはばかる」

 

 レタスではありません、サンチュです。綺麗で食べられないでいます。ところどころ何かに食べられています。誰だ、先越して食べたヤツは?

 トマトもやっと赤くなりだしました。トマトの壜詰めも出来るでしょうか。天候不順はどれくらいの影響を及ぼすのでしょう。毎日の食卓、自然の恵みなくしては考えられません。

  

 

 

 ワイルドベリーはこつこつと実を付けてくれます。私に似てないなぁ〜。少しずつなので冷凍してためてからジャムにします。

 

 

 みないい具合に成長していますが、今年の黒米も昨年と同様。お盆には穂が良い形にならなければ、秋の収穫に間に合いません。今年ももりもり元気でまだ花さえ咲きそうにないのです。土か、苗の生育か、それとも品種に所為か。師匠の田んぼでは黒米も良い形の穂を付けてました。やっぱりプロですね。さて、遅れは取り戻せるかなぁ〜

 

 

 こちらは第一農場のミズナラ、カラマツも一緒、木々も皆元気に大きくなってます。
 植えられるように山が欲しいです。500年後には大木です。

 

 

 サクランボは春のよう。すべての葉を毛虫に食べられてしまい、毛虫がいなくなってやっと生え揃いだしました。農薬を使わないためツルッと食べられるのが毎年の事で、生き抜くのがやっと。この葉の色を見ると今年もなんとか大丈夫。

 

 

 

 とうもろこしも花の季節です。熊に食べられないで収穫できますかね。いつになくたくましく育っています。楽しみ楽しみ。

 

 

 

 小さな花が盛りを迎えているのはニラ。今年は史上最高の収穫が出来ました。ニラタマにニラ茶碗蒸し、おひたしに餃子、飽きるほど色々挑戦できました。これからは様子を見ながら株を健やかに、でもまた食べちゃいますね。
 雑草を抜いて堆肥もあげなくちゃなりません。またよろしく

 

 この花がわかる人は少ないでしょう。姿の割に小さな可愛らしい花をつけます。種を採取して栽培を試みていますが、なかなか上手く行きません。苗を見つけ第2圃場には二株植えました。平行して種からの栽培も続けます。
 あぁウドです。酢みそ和え、旨いですよね。

 

 

 イチョウイモも花?が咲いています。ムカゴから随分増えてもう3年先まで収穫の予定が立ってます。来年もムカゴからチビ芽がいっぱい出るんでしょうか。どうにかしないとイモだらけの畑になっちゃいます。
 ムカゴの時期に塩茹でいっぱい作ります。ビールのおつまみにどうでしょう?お分け致します!
 
 

 

  

 セイベルの花。木の勢いがないのでちょっとだけです。急がなくていいからゆっくり大きくなって。冬には雪やウサギやネズミと戦わなくてはならないから、今のうちに力付けなくっちゃ。
 

 

 

 

 山幸は元気旺盛。ワシワシ伸びてイチョウイモと喧嘩しています。一部、カボチャに乱入されるも負けずに絡み合って混戦模様。正直手がつけられないのでそのままに。勝者から実をいただきましょう。カボチャはあっちこっちに出来そうなんで出来れば山幸に勝って欲しいですな。頑張れ山幸!
 花も緑も美しい圃場の風景でした。すべてが順調というわけでもなく、一部は難しいものもあります。
 ハバネロは伸び悩んでいます。この一月、あまり大きさが変わりません。ちょっとだけで良いんですが、花を見せて、実を付けないでしょうか。北海道は寒いからね、無理でしょうか。
 私の手抜き、勉強不足も関係なく大きくなってくれる野菜達。いつも元気をもらいます。週一回の野良仕事、楽しい刺激です。
 topに戻る