今月の旬


これも時間が経ってしまいました
農家のこせがれネットワーク北海道(REFARM北海道)の収穫祭、2010.11.28のレポートです
農家のこせがれネットワークは「これからの農業標準をつくる=REFARM」をコンセプトに発足した組織
実家が農家で、東京で働く人々に実家の農業を支援するプラットフォームを提供することを目指しているそうです
北海道においては農家のこせがれネットワーク北海道(REFARM北海道)として2010年より独自の取り組みを始めています
この収穫祭は農業者と消費者が料理を通して1年の恵みを祝うため催されました
場所はサッポロファクトリーのトラットリア・ピッツェリア テルツィーナ
農業者の
素材を堀川シェフはどんなお皿に仕立てたのでしょう
94回目のレポート、始めます

 

2010年 11月のテーマ
「 収穫祭 」

そもそも昨年の3月のREFARM北海道の集会に顔を出してからのご縁でした
知り合った生産者のところに行って勉強をすること数回
そんな中で収穫祭の話を聞き、勢いで企画メンバーに
REFARM北海道のテーマでもある農業者と生活者の距離を縮めることに料理は最適と思い、
その接着性を確かめるべく現場に参入したのです
学生さんに農業者、公務員にデザイナー、スタイリスト
カメラマン、八百屋さん、アナウンサー、先生に有名企業の社員
編集者にライターさん、
本当にいろんな方が集まりました
乾杯は岩見沢の宝水ワイナリーのケルナーで
一品目は「根菜のトマト煮込み(カポナータ)温度卵と生ハムをのせて」
栗山町高野農場・ゴボウ
赤井川村いわもと農園・さつまいも(紅あずま)
当別町大塚農場・にんじん
石狩市はるきちオーガニックファーム・ヤーコン
赤井川村赤井川コロポックル村・平飼有精卵
パンの小麦粉もJA岩見沢から
「パスタパターテ」
JAいわみざわ・強力粉麦粉(ゆめちから)
三笠市のみやまファーム・からし菜
赤井川村いわもと農園・ジャガイモ(チェルシー)
赤井川村赤井川コロポックル村・平飼有精卵
「カボチャと知床鶏のリゾット」
JAいわみざわ・米(大地の星)
富良野市柿原農園・カボチャ(くりゆたか)
「ジャージー牛のロースト 木いちごのソーズ
           じゃがいものテリーヌ添え」
津別町山田牧場・ジャージー牛
岩見沢濱本農場・フランボワーズ
三笠市のみやまファーム・ジャガイモ(インカのめざめ)
「2種の豆のピッツァ」
石狩市はるきちオーガニックファーム・白花豆、紫花豆
「だったんそばと黒豆のジェラート ゴボウのジェラート」
帯広市とやま農場・黒豆ポリポリ
topに戻る
テルツィーナの皆さんに助けられ無事終了
この季節だからこそ美味しいという素材にもっと絞り込み堀川シェフに手渡せば、
などなど反省は尽きませんが、皆で温かい料理を囲み、会話が持てたのは成功だと思います
日々の生活の中で自分以外の人の仕事はあまり見えません
食事を通して料理人の仕事やサーヴィスの仕事、その先の生産者の仕事まで感じることが出来たら素敵だと思いませんか?
感じることで「いただきます」の意味や「ごちそうさま」の気持ち、食事を離れても「ありがとう」の重ささえも変えてしまう「気づき」を自分にもたらしてくれる気がします