すらいむ工房 >> ちゃっと☆くえすと >> #6
Click Here!

「ちゃっと☆くえすと」プレイレポート #6 アイコを求めて(前編)

[1] 年下の姉御


 [1] [2] [3] [4]


さて、気がつけば毎週のようにやっている「ちゃっと☆くえすと」。
・・・今日はプレイヤーも2人になり、
新しいキャンペーン?が始まりました♪


頭をガクガクされるロバート


注:発言を見やすくするため、多少の発言の並び替えなどしております。
  能力値は、ページのはじめと数値の変更のさいのみ表記してあります。
  ・・・の、製作中です。まだほとんど原文ママです(笑)。


GM : それでは、ゲームをはじめましょう!まずは・・・
ロバート : 名前はロバートにしました。よろしくお願いします。
   29才、人間の男です。性格は…子分肌です。
GM : ロバート、紹介ありがとう。あわせてステータス表示をお願いします。
ロバート : アイアイサー。
   こんなんで、どうでしょうか? (戦 Lv:1 H:3 E:0 G:0 / 薬:0 完:0 蘇:0 /)
GM : はい、OKです!
キックリー : 「ワシが魔法使いのキックリーじゃよ」 (魔 Lv:1 H:2 E:0 G:0 / 薬:0 完:0 蘇:0 /)
GM : そしてもう片方はおじいさんか(笑)
キックリー : 「お。そこの若いの、魔法使いなのに『なんだぴちぴちおねえちゃん(死語)じゃないのか』とか思ったじゃろ。まだまだ青いの!」と杖でGMを指す。
GM : 若いのって私?(笑)>GMをさす<確かにぴちぴちじゃなくて少しがっかり(笑)
キックリー : 娘さんキャラに代えますか?
GM : いっそのこと、「ハ○ルの動く城」みたいな、呪いにしてみたら?
   外がおじいちゃんなのに中が娘さんでもやったら?
ロバート : おばあちゃん、じゃなくておじいちゃんなんですね(笑
キックリー : のった。ロバートさんさえよければ、試してみますよ。
ロバート : OKです! ロバートはそれを知ってることにしますか? それとも知らないことにしますか?
キックリー : 知ってるなら出身地が同じとか、適当に合わせてくださるといいかと…
ロバート : では、「幼馴染」で! 姉御と慕っていた年下の娘が、ある日突然おじいさん(笑)になって現在に至るって感じで。
キックリー : かまいませんよ。
   ちなみに初期設定では…
   「管理してる入会地の森が火事になって、竹林を建てなおすために造園業者を探してきた魔法使い」
   ・・・で、炭焼きか森守のじいさんのつもりでした。
ロバート : そんな設定が…。今の姿は見る影もないですね(笑)

むやみに濃いですな、キックリーの設定(笑)。


キックリー : 呪いのせいで人嫌いになって、村長のはからいで入会地に閉じこもった元・娘魔法使いにしましょう。
ロバート : どんな呪いなんでしょう? 道端のお地蔵さんの前のおまんじゅうを食べたとか。
GM : かなりの呪いだってコトだよねえ(笑)<娘→爺
キックリー : 小さい頃、謎の蛍光キノコ食べて死にかけて、希少な薬草をこっそり流して妖術で治癒したときの副作用(天罰)で<呪い
ロバート : 設定、了解です>キックリーさん

あっさり了解してしまいました、ロバート!
・・・まあ、システムがシンプルゆえ、
設定ぐらい濃くてもいいのでしょう。・・・たぶん。


GM : そういえば、ロバートの外観に何か特徴のあるものはありますか?
ロバート : そうですね。細身でひょろひょろした感じでお願いします。
GM : ひょろひょろ・・・了解。それではゲームをはじめましょう!

   ここはスラファクシティという、ちょっと変わった名の大きな町。
   そばに大きな遺跡をかかえ、今日も今日とて冒険者であふれかえる町です。
   ここにやってきた青年と老人?の二人は、門のところで造園業者のことを聞きました。
ロバート : はい。
GM : すると、門番に、「ん?庭師のギルドか?町の中央に大きな酒場があるから、そこで道を聞きな」といわれるよ。
キックリー : 「そうかい、ありがとさん」とそそくさと道を進もうとしますよ。
ロバート : 「姉御、どうしましょうか? とりあえず行きますかね?」ってキックリーに聞きます。
キックリー : 「そうだねえ、まずは酒場に行こうかねえ」>ロバート
ロバート : じゃあ、うなずいて姉御の後について行きます。
キックリー : 「ところで、姉御はやめときなよ。あんたが白い目で見られるよ…」
GM : と、キックリーが言うときに、後ろで門番が・・・
    「あの兄ちゃん、どっかおかしいんじゃないのか?ジジイに「姉御」って言ってたぜ!」
   と言う声と、大爆笑が続きます(笑)
キックリー : (中はロバートより年下かも…(笑))
ロバート : !! ギャラリーがそんなでかいリアクションをするとは!! 
   とりあえず赤面して「姉御ぉ〜」と情けない声で。(年下の「姉御」ってことで(笑))
キックリー : 「自業自得さね。ウヒヒ」とハスにロバートをみて先を歩く。(自分もハズカシイから)
ロバート : 「待ってくださいよぉ〜」とついていって、広場に行きます。
GM : すたすたと歩くキックリーと追っかけているロバートが話しているうちに、広場の中央へとやってきました。
<<★ [Index] ★>>
Copyright (c) 2004
SlimeFactory Slime Maki
Click Here!