それゆけ聖天使号!

■#3 それゆけ守銭奴号!
    〜キミも翔びたいのかい?(ニヤリ)〜
(2005/05/15)

◆航路 ロートシルト→ソフィア

◆PC
交渉人 ラスティ
35歳ぐらい♂(グラン・パ)

航空士 ゲルハルト 16歳
45歳ぐらい♂(レイジファルコン)

風読み シーネ
16歳♀(風占)

◆船
守銭奴号・エース級


◆マキノート

まいったなあ。
さすが「守銭奴」号・・・金のために元仲間まで売るとは(苦笑)。

海賊との戦いは、GNとしては、「空船戦闘」に持ち込み、現実の厳しさを教えてあげよう♪なんて思っていたのだけど、PCらには上手に立ち回られ、なんと空賊船長のの全く苦手な「交渉戦闘」に持ち込まれてしまったのでした。
しかも、そこで1ゾロ(苦笑)。
すごいことに、オーナーも1ゾロで敗退。
このゲーム、いかにさいころをたくさん振りったこと、しかもいかに1ゾロを出しやすい環境かということを改めて思い知りました(笑)。

オーナーのプレイヤーは、実はTRPG初挑戦。
・・・とてもそうとは思えないほど上手でした。
・・・これが、若さか?<何でもそのせいにしてみる



◆次回の宿題

技能とアイテムの説明がなかった。
「読んでね」と紙を出しておいたまではよかったが、それを各人がみたかどうかの確認をしていない・・・。
これって、説明したうちには入らないですから、GN。

◆概要

98年の5月15日。
5日後に元提督誕生日を迎えたロートシルトはにぎわっていた。
何しろ、今年は元提督が60歳になる誕生日で、盛大なまつりが行われる年だったからである。
そんな折、ここに、また一艘の交易船が誕生していたのだった。


◆5/15

ベテラン船乗りのオーナー(交渉人)と(航空士)は、ルーキーの風読みシーネ、女船長のベロニカ(NPC)を加え、トレイダーズポイントとなる「踊る子鹿亭」にて、トレイダーズ協会からの急ぎの仕事を受けていた。

60樽分の白い板を、ベニスまで3日間で運んでほしいというものである。
この白い板とは、実は5日後の元提督誕生日のメインとなるはずの、新型戦艦の外装の飾りの一部であった。
その外装を美しく飾るために必要な白木は大変高価で、これまでに空賊に遭ってしまい、まだベニスに届いていないのであった。

お披露目まであと5日。
新造船は飛行速度に特化したタイプであり、その性能はベニス→ロートシルトを1昼夜で結ぶ事ができるものであった。
白木で最後の仕上げをするのに職人が全力寝ずの仕事で1昼夜。
・・・そこから逆算し、3日間で木材を運んでほしい、ということになったのである。

モノと情報はふんだんに揃うロートシルトから、その白い木をベニスまで運ぶのが今回の使命である。

クルーは相談し、まずは山脈越えをせずに、3日で確実にベニスまで材料を届ける方法を考えた。


◆5/16

1日目は1度だけ離水に失敗したものの、その他は順調に進んだ「守銭奴」号。が、2日目はベタなぎで全く進まなくなってしまう。<ありがち
そのとき自力で進んでいる船に曳航を頼んだら、これが実は海賊船だった!<ありがち

しかも、荷物として積んでいたお姫様が、「実は」女海賊船長だった!!<超ありがち

が、その不利な状況を逆手に取り、シーネを脅していた女空賊船長を逆に捕まえ、なんと「交渉戦闘」に持ち込んだ。

・・・が、その戦闘に入ろうとするやいなや、「雷精の不調」で船は急降下。
降りていった先には「オニヒトデ」の大群。
しかも船内ではサルが暴れ。

オーナー:「(落下する船の甲板でニヤリと笑い)すべて計算のうちだったのだよ」
全員:「マジかよーーーー!!!!」

ニヒルに笑いながらも、交渉の要のオーナーがさっさと1ゾロで脱落(笑)。
・・・その中で続く交渉。
結果は、オニヒトデの大嫌いな女海賊船長が白旗を揚げた(こちらも1ゾロ)。

交渉戦闘では辛くも勝利を収めたものの、白兵戦闘か空船戦闘を仕掛けてこようと、同じく急降下で追ってくる5隻の海賊船。

・・・結果は、航空士がアクロバティック飛行で奇跡的に回復し、その後空に上る気流を見つけた風読みのおかげて急上昇!
近づいてきた背の高い積乱雲を飛び越すように、「守銭奴」号は雲の彼方へと消えていったのであった。

守銭奴号とクロスするように降下していった海賊船は、あわれオニヒトデの群れの中に消えていったのであった・・・。

オーナー:「だからいったでしょ。すべて計算のうちだったのだよ」
GN:「うそつけー!」

そうしてベタなぎからは脱出したが、遅れた半日分の航路は埋めることができない。
そのため、彼らは夜間飛行を行うことを決心したのだった。


◆5/17
「・・・だめだ、この調子では、今日中に間に合わない」
この日も続けて飛び続ける「守銭奴」号。だがしかし、夕方となった時点で、まだ航路の半分ほど、○○上にしか達していなかった。
このままでは、納期には間に合わない。

シーネ:「まだあきらめちゃダメ! ・・・ねえ、あそこに、光る風の流れが・・・!」
夕日に照らされた光を見つけた船員は、いちかばちかで光の風の流れにまかせ、船を大きく傷つけながら(-10,000G)も明け方までに町に着き、約束通りに材料を届けたのだった。その後、新造艦は急いで白木で染め上げられ、翌日にはロートシルトに向けて羽ばたいていったのであった。
彼らはこのとき知らなかったが、パレードに新造戦艦を間に合わせることに役立ったことがロートシルトで知られ、「白き翼の交渉人」と呼ばれることになるのである。

・・・が。
そのオーナーが、海賊退治の報奨金25,000欲しさに元船長のベロニカを売ったことがばれ、「黒き翼の・・・」と、たった1週間程度で改名させられるのを、このときはもちろん誰も知らなかったのであった(笑)。

≪BACK

NEXT≫