北海道医療新聞社

▼バックナンバーはこちらから
看護職向け月刊誌:ベストナース

9月号

特集

千葉大学大学院看護学研究科エンド・オブ・ライフケア看護学特任教授 長江弘子氏

エンド・オブ・ライフケアを考え、語り合う文化の創造へ

1人ひとりの“最期までどう生きるか”を支える看護、看護師の役割


 超高齢化社会・多死社会を急速なスピードで迎える本邦において、終末期を迎えた人々に対する看護職の果たす役割は、日に日にその重要性を増しています。疾患、年齢層、場所を問わず、「その人らしい最期」を迎えるため、エンド・オブ・ライフケアにおいて看護職に求められるものは何か?2011年から千葉大学大学院看護学研究科エンド・オブ・ライフケア看護学を開設した特任教授の長江弘子氏は、日本文化に沿った日本独自のエンド・オブ・ライフケアの必要性を提唱します。その中で、看護職はファシリテータとしての役割を担うとともに、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)に向けた意思決定支援の重要性を強調します。札幌で開かれた14年度北海道看護協会看護師職能集会より、長江氏の講演の一部概要を紹介します。


勤医協中央病院 名誉院長 伊古田俊夫氏

新規連載 せん妄の病態、治療と看護―クイズと事例で学ぼう(上)

 65歳以上の10人に1人は認知症と言われる時代において、病棟における認知症ケア、特に認知症を基盤とした「せん妄」への対処は、課題の一つとなっています。今号から、「せん妄」をテーマに勤医協中央病院名誉院長の伊古田俊夫氏に、病態や治療、看護についてクイズ形式で分かりやすく解説していただきます。



道が医療介護総合確保推進法の周知図る社会保障制度改革及び地域医療に関する説明会

 北海道保健福祉部地域医療課が8月4日に行った「国の社会保障制度改革と北海道の地域医療について」の地域説明会の概要を紹介します。


■北海道ホームヘルスケア研究会(3HR)主催「事前指示書について考える会」

北海道発の医療事前指示書作成へ、市民が集い意見交換

札幌市立大学教授のスーディ.K.和代氏がアメリカにおける医療事前指示書の背景紹介 

■北海道看護協会保健師職能集会

岡島さおり氏の講義「地域包括ケアの実現に向けた今後の方向性」〜保健師が担うべき役割について考える〜などから

■東札幌病院主催 2014がん緩和ケアに関する国際会議

■禎心会病院(札幌市東区) 2015年11月に新病院オープン

■療養病棟に導入された在宅復帰機能強化加算の動向

■日精看道支部 管理者研修会


【連載】

●うちの病棟 紹介します

開西病院 手術室

●ときめきBNインタビュー

第76回 北海道ボランティアドッグの会セラピー委員会 菅野淳子委員長

●回想法で楽しくやさしく〜心療回想法の理論と実際〜

-日本回想療法学会 小林幹児会長-

第120回 第120回記念 TBS系列「Nスタ」の取材

●ドクターズ・ルーム〜市立美唄病院 永田康院長

●専門看護師のチカラ 第4回

●スーディの看護ミニミニ講座 第3回 

札幌市立大学教授 スーディ.K.和代氏

●誌上看護研究発表

岩内協会病院「退院調整チェックシート作成とその前後における看護師の意識変化」

禎心会病院「多汗症で胸腔鏡下胸部交感神経切除術を受けた患者の日常生活の変化」

●ナースの暮らし応援ガイド「ヨガでリフレッシュ(3)」

リラックスルームリポ主宰 池田清美さん

●リラックス・タイム〜ほっとひと息

[日本茶インストラクター協会理事 玉木康雄氏(お茶の玉翠園)]

●ナースレーダー

●ニュースフラッシュ
●ブックレビュー
●これから行われる学会・研修会


【グラビア連載】

●スペシャリスト ファイル〜看護の開拓者たち

第18回 勤医協中央病院 慢性呼吸器疾患看護認定看護師 大方葉子さん

●女子会グルメ [晩屋すだち(札幌市中央区)]

●エンタメガイド[映画・DVD・イベント・音楽情報]

●お取り寄せ[北海道しょうがシロップ(ノースファームストック)]

ご注意/このサイトに掲載されている記事、写真、図表などの流用・無断転載を禁じます。