北海道医療新聞社

▼バックナンバーはこちらから
週刊:介護新聞

2016年(平成28年)1月1日付

走り続ける介護保険 制度創設から16年を振り返る

 「走りながら考える」を謳い文句に、数多くの不透明な部分を残しながらも、社会保障構造改革の尖兵として2000年4月にスタートした介護保険制度。3度の制度改革を経た今年は、25年を見据えて「地域包括ケアシステム構築」への動きが加速しようとしている。しかし、解消されない介護人材不足や上昇し続ける介護給付費・保険料への対応、地域住民を担い手とした生活支援サービス・通いの場整備など課題が山積し、依然として「走り続けている」感は否めない。  そこで今回の特集号では、介護・医療・福祉関係者にとって、今後10年を考える材料に資するため、16年間の動きを振り返る。


●「介護の社会化」「措置から契約」 準市場形成、選択・競争の時代に
●2000〜2015年度 制度見直しの主な内容 報酬改定の主な内容
●北海道内高齢者人口等推移と2025年までの推計
●主な北海道内介護事業所・施設数推移
●「介護職ゼロ」へ在宅・施設サービス前倒し・上乗せ整備 厚労省
●再就職準備金1回限度貸付、上限20万円 厚労省「介護離職ゼロ」で担当者会議


【連載】●寄稿 日本式介護・福祉ビジネス進出の可能性
        〜マレーシアにおけるフィールドワークを通して=休み
     函館市保健福祉部介護保険課 熊谷健志主査
    ●現場で生かす傾聴技法=18
     北海道総合福祉研究センター 五十嵐教行理事長
    ●リレー連載 リハ職がアプローチする自立支援=30
     NPO法人失語症サロンいーたいむ代表理事 金浜衣妃子氏

topへ戻る
ご注意/このサイトに掲載されている記事、写真、図表などの流用・無断転載を禁じます。