北海道医療新聞社

▼出版物発行のポイント ご参考にしてください

【記念誌制作の進行について】

制作するかどうかの意志決定
編集委員会の設立/内容・構成の概略決定
どのような内容を掲載するのか検討する。いくつかのテーマに沿って考える:歴史・現在の姿・記念すべきエピソード・業績統計資料など)
(本文の体裁《ヨコ・タテ書き、文字の大きさ、書籍の装丁、頁数、部数》など)
(お好みの書籍を見本として選び、制作会社に提示する)
概算見積の収集(頁数・部数は幅を持たせて概算見積をとる)
《例:基本頁に対して16頁の増減でいくらか。部数は500冊、1,000冊、1,500冊〜》
内容構成の確定・制作予算の確定
(印刷・制作費用、編集委員会打合せ費用、資料収集費用、記念誌贈呈の場合の送料など)
詳細見積の収集・制作会社の決定
発 注

納品までの日程(目安)

●原稿渡し《編集委員会の中から1名の方を、原稿渡し・受取の専任とする》
(文字原稿・写真・図表のラフ原稿・イラストなど)
●初校(原稿渡しから約4週間後)
●再校(初校を戻してから約2週間後)
●青焼校正・最終校正(再校を戻してから約2週間後)
●納品(原稿渡しから約2カ月後+貴院で要する校正の日数)

ご注意/このサイトに掲載されている記事、写真、図表などの流用・無断転載を禁じます。