なまら蝦夷
○旅人宿に泊まろう
○8号 目次  ○サンプルページ ○創刊号スペシャル ○8号執筆宿(者・社)リンク

○今月の北海道

○バックナンバー

創刊号を求めている人たちへ

創刊号スペシャル

    「なまら蝦夷創刊号」は手に入らないことは解っていますが、
どこかで手にとって読ませて貰うことは出来ないか
という問い合わせが多くあります。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    

 どんな本を作ろうかと宿の仲間で話し合ったのが1992年。
本の名前と表紙のデザインを旅人から一般公募して、やっと創刊号ができたのは1996年の6月でした。

多数の応募の中から、名付け親は 「ゆう」(東川)の宿主の岡本隊長。
表紙はその当時旅人の宮沢英子さんのデザインが選ばれた。
創刊号は地図も紹介文もすべて手書き。なんと宿主たちのエッセイは自筆だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
なまら蝦夷創刊号  (原本は手書きです。)
発刊に寄せて  ○目次-1  ○エッセイ目次  ○奥付    
参加宿  35軒
発行総数 15000部
A5サイズ・200ページ(手書き編集)
定価600円
初刷り  1996年4月25日
2刷り   1996年7月5日
3刷り   1997年5月20日
在庫は有りません

創刊号 参加-執筆宿
ニセコ高原YH・アンビシャス・旅物語・遊牧民・ぐりぐら・ほうぼう・リフォレ積丹・ぽんぽん船・くれよん舍・小さな旅の博物館・NADA・旅のにっころがし・ダラムサラー・星の庵・ゆわんと村・ゆう・池田北のコタンYH・待ちぼうけ・夢舎・ワインの国・ましゅまろ・ひとつぶの麦・なかまの家・ミルクロード・落陽・ほくい44・あら鷲・夢畑・羽幌YH・ぼちぼちいこか・ひなた母校・トシカの宿・星観荘・あしたの城
_______________
上記執筆参加宿の居間に見本としてあるかもしれません。
泊まったときに宿主にお尋ねください。

 

現在確認されて、閲覧可能なところは以下のとおりです。

国立国会図書館 HP
なまら蝦夷事務局で作った冊子は全て収めています。探すのが大変かもしれません。係の人に尋ねてください。
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1    
tel. 03-3506-5205(直通) fax. 03-3504-1569

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅物語(ニセコ)  創刊号〜8号 執筆参加宿  
創刊号から準備会議メンバーとして参加。奥さんは創刊号の手書き編集の清書を担当しています。
 宿主は、冬はスキー・夏はバイク。 宿主は必殺遊び人です。
旅の休養日は旅物語の居間で昼寝をしながら「なまら蝦夷創刊号」を注文してください。宿泊者対象の閲覧です。
〒048-1511 虻田郡ニセコ町  アンヌプリスキー場下  0136-58-3149

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とまや(小樽) 7号・8号執筆参加宿  
7号からの執筆参加です。とまやは小樽港を見下ろす高台にあります。近くには桜の名所手宮公園があります。
とまやの建物は宿主の手作りです。何ともなつかしい気持ちになれる空間です。
宿主のベルさん・サリーさんご夫妻は音楽家です。宿に泊まっても本など読んでる暇がないくらい楽しく愉快な宿です。創刊号は宿泊者対象の閲覧です。
北海道小樽市末広町19-10   0134-31-1454

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆう(東川) 創刊号〜8号 執筆参加宿  
創刊号から参加宿。「なまら蝦夷」の名付け親です。
 この宿を基点に山に登ったり、滝巡りをしたり、活動的な一日を過ごした翌日は、ゆうの居間で昼寝をしたり、楽器をいじったりしながら旅の休養をとってください。連泊でのんびりしたい人にお勧めの宿です。
「ゆう」の居間で「なまら蝦夷創刊号」を注文してください。宿泊者対象の閲覧です。
 毎年、田植えの時期(6月)には、旅人も宿主も一緒になって「田植え合宿」が行われます。
〒071-1465 上川郡東川町東7号北32   0166-82-3910

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼちぼちいこか増毛舘(増毛)創刊号〜8号 執筆参加宿  
創刊号からの参加宿です。 
宿主は元自転車乗りで日本一周と台湾を巡ったことがあります。泊まったときには自転車の話を聞いてください。きっと朝まででもしゃべります。泊まったときには彼の唄をリクエストしてください。きっと朝まででも唄います。
他の旅人達の出発を見送って、ゆっくりと「ぼちぼちいこか増毛舘」の居間、又は宿に併設している喫茶店「海猿舎」で「なまら蝦夷創刊号」を注文してください。(宿主から)
「創刊号」から「7号」まで、全巻あります。(全て見本だったものなので、かなりぼろぼろですが・・・。)「大切に読んで下さい。」宿泊者対象の閲覧です。
〒077-0205 増毛郡増毛町弁天町1-21-1     0164-53-1176

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ばっかす(抜海) 6号・7号・8号執筆参加宿   
6号からの執筆参加。7号・8号ではサロベツから宗谷岬までを担当しています。
「どうして抜海なの?」と聞かれると宿主は困ってしまいます。この地には彼の旅の原点があるのだと言います。
 抜海から見る「利尻富士」はいつも姿を変えて夕日に映えます。宿主に利尻山の写真を見せてもらってください。宿主はその風景を何日見ても飽きないのだと言います。島の向こうに夕日を見送ると、楽しい抜海の夜が始まります。
「ばっかす」の居間に寝転んで「なまら蝦夷創刊号」を注文してください。
(宿主から)6月はあたりにカンゾウの花が咲き乱れています。創刊号は宿泊者対象の閲覧です。


〒097-0035 稚内市大字抜海村字バッカイ116-4   0162-72-9625

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ふかふか亭(日高)6号・7号・8号執筆参加宿   
6号からの執筆参加。日高を担当しています。
 日高ののんびりとした昼下がりに、「ふかふか亭」の居間で「なまら蝦夷創刊号」を読みふけるのはいかが。でもコンサドーレの試合のある日は「ふかふか亭」宿全体が燃えています。(宿主から)
創刊号から全巻揃っています。まだ旅人だった頃、この本と出会って移住への想いが膨らんだのを覚えています。旅人にもお見せしてますよ。創刊号は宿泊者対象の貸し出しです。
〒059-2415  新冠郡新冠町緑丘3-7    0146-47-1644

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢舎ゆめや(陸別)      創刊号〜8号 執筆参加宿 
創刊号からの参加宿です。 
宿の近所には日本では最大級の望遠鏡を備えた本物の天文台があります。
 天文観測に疲れたら夢舎の薪ストーブの辺に座って、「なまら蝦夷創刊号」を注文してください。お勝手から聞こえてくる君ちゃんの包丁の心地よい音と薪ストーブの暖かさが旅の疲れをいやしてくれます。
 冬の陸別は内陸で冷え込みも厳しいのですが、そんな夜は特に肉眼でも夜空の星を楽しめます。
創刊号は宿泊者対象の貸し出しです。

〒089-4301 北海道足寄郡陸別町銀河の森   0156-27-2134

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カレー「あんだらや」(上士幌)準備会議メンバー  
十勝の北辺、上士幌の国道沿いにあるカレー屋さんです。犬と鶏と山羊が迎えてくれます。最近は馬も飼い始めたとか。 雨の日は山登りや露天風呂巡りはあきらめて、「あんだらや」でのんびり過ごしてはいかが。スパイスの効いたアジアンカレーが旅人の心を癒してくれます。そんな時「なまら蝦夷創刊号」を注文してください。店内のみの貸し出しです。
「創刊号」と料理を運んできてくれるのはミカさん。5号以降は準備会のメンバーです。イラストや地域紹介ページなど数多く参加しています。お店には、テーブルの上で北海道旅行をする「旅人カード」があります。たくさんの旅人たちがお店の再開を望んでいる。
ただいま店舗改装中
再開は未定。2016年・秋以降になりそうです。
〒080-1406  北海道河東郡上士幌町居辺  015642-4589

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

洋食処「なまらや」(小樽)創刊号〜8号 イラスト担当  
小樽・洋食処「なまらや」のカウンターに座って、店の人に「なまら蝦夷創刊号」を注文してください。お酒を呑みながら、ゆっくり読めます。「創刊号」と料理を運んできてくれるのは、きっと、創刊号から8号までなまら蝦夷のイラストを担当している宮沢英子(ガンコ)さん。音楽家の旦那さんと、愉快でおかしく、おいしい「創作イタリアン」のお店です。お勧めの一品はジャガピロ。ところでジャガピロって何?   昼の間は、定食も提供しています。一番人気は「旅人定食」。
「なまらや」では なまら蝦夷2号から8号まで販売しています。忙しくなければ、なまら君のイラストやあなたの似顔絵をその場ですぐに描いてくれます。
その他に、旅する「なまら君絵はがき」(6枚組500円)Tシャツ・袋。
英子さんの描いた「なまらや漫画」(4コマ漫画集)もおもしろい。
昼なまらや  12:00~14:00(L.O)パスタセット、日替わりセット 1000円〜
夜なまらや  17:00〜22:00(L.O) 
〒047-0024  小樽市花園3-6-6 tel/fax. 0134-61-7930 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なまら蝦夷創刊号/エッセイ集・コピー版  (活字編集)300円

創刊号の問い合わせがたくさん有りますが、バックナンバーとしての在庫はすべて有りません。
そこで、ガイド部分は最新号をお読み頂くとし、参加宿主達のエッセイのみをコピー版冊子(40p)にてまとめました。原本は手書きですが、このコピー版は活字に編集しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なまら蝦夷のお求め→ページ