あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先

真駒内手稲豊平川自転車道線-1 (2012.04.29)

2012.04.29 Googleマップを作成しました。

自転車通勤を始めてほぼ4ヵ月、連休ということもあり、サイクリングをしてみました。 「乗るために乗る」という、自転車にハマった人と同様です。 同様じゃなくて、

     自転車にハマったようです(笑)

さて、今回のコースは豊平川の河川敷にある自転車道です。 毎日、豊平川を横切る度に「あの自転車道はどこまで続いているんだ?」と思っていました。
昼食後、おなかが落ち着いてから、やおら、と出発し、環状北大橋から北へちょっと行った所のスロープから入りました。 橋のそばにもスロープがあるのですがなぜか通行止の標識があるんです。
車、歩行者のいない自転車道は、正に自転車天国です。 歩行者を避けてスラローム走行する白石サイクリングロードとはえらい違いです。
道路は往復で幅2m程度、片側で追い越すのは無理と思います。 起伏もほとんどなく、とても快適に走られます。 雁来大橋をくぐってから、付近の車が少なくなり、しばらくして、まったく車の音が聞こえなくなりました。 札幌市内で、こんなに静かな所があったんですねぇ。 鳥さんがピーチク、チュンチュン鳴いているのが、離れていてもよく聴こえます。
草ボーボーを予想していたけれども、防犯上よくないためでしょう、しっかり草刈も行なわれていて、 途中で草刈作業のおじさん&お兄さん達が休憩している所を見ました。 おそらく、午前中にせっせと草刈りしてくれたところを午後になって私が眺めながら走っている訳です。 なんてゼイタクなんでしょう。
荷物を軽くするために、デジカメを家に置いてきたのが運のつき。 これだけ眺めの良い景色を皆さんにご覧いただけなくて残念。
この道が日本海まで続いているんじゃないかと心配になった頃(笑)、通行止の標識と説明の看板が見えてきました。 側に行って読んでみました。意訳すると、

     この道はおしまい。堤防まで上がってね。

この急斜面の堤防をどーやって上がれと? 高さ10mの斜面を上がらなくてはなりません。 地図で見りゃ、ちょっと横にずれるだけ。役所の人って無茶言うよなぁ。

10分ほど通行止の冊に腰掛けてひと休み。のどかだなぁ。 曇りの日でよかった。晴れなら飲物が必要でした。 さてと、今来た道を戻りましょう。
あ、帰りの方向だけから見られる標識に、道路名が書かれています。

     滝野 上野幌自転車道

そーか、通行止の向こうは上野幌だったんだ。
だんだん、車の音が聞こえてくるようになりました。 雁来大橋まで戻ると、いかにも札幌の中の音です。 だんだん足も疲れて来るし、まだトイレにも行っていないこと を思い出し、家へ向かう道に近い所から引き揚げることにしました。
引き揚げようにも出口がありません(笑) 東橋を過ぎたあたりにスロープを発見、ここから一般の道路に出ました。
家に帰ってから、地図を見てビックリ。 道路の名前になっている滝野も上野幌も豊平川から離れている。 豊平川に沿った道では、どちらにも到着できないんだ。
謎だ。(笑)