あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先

滝野上野幌自転車道線-2 (2012.04.28)

2012.04.28 ルートを作りましたのでご覧ください。
2005.04.26 googleに出なかったので、よく見ると道路名から「道」が抜けてた。これで出るようになるとうれしい。 以前から滝野上野幌自転車道線のコースがどこなのか知りたくて札幌市のホームページや、Googleで検索したけれど詳細がさっぱり
わからなかったので、自力で調査してみました。このページはルートを逆順(上野幌→滝野)で説明しています。正順(滝野→上野幌)
の説明は「滝野上野幌自転車道線-3」です。
2005.05.09 正順の説明へリンクしました。 2006.10.05 説明、矢印(↓)、写真をクリックすると地図が表示されるようにしました。
《ご注意》
・おそらく誤っているし、法令に違反している行為を(それと気がつかないで)掲載している可能性もあるので、各自の責任で、お読
 みください。

  1. 青葉中学校の正門前の隣の区画の歩道
    スタート


  2. 線路の下
    線路の下


  3. 橋を渡り直進
    次へ


  4. 交差点を直進、右手に虹ヶ丘公園
    交差点を直進


  5. 左カーブの上がり坂を道なり(厚別青葉通)
    次へ


  6. 歩道と自転車道の分岐を右(この先は4月末まで雪捨て場で通行不可です)
    分岐1回目


  7. 合流
    次へ


  8. 右手にもみじ台南側緑地
    次へ


  9. 左手にもみじ台南中学校
    次へ


  10. 道なりに90°左カーブ
    次へ


  11. 右手に学校への道
    次へ


  12. 歩道と自転車道の分岐を右
    分岐2回目


  13. 右手にベンチ
    次へ


  14. 歩道からそれて、下り坂
    次へ


  15. 右手に小野津幌川と対岸にテクノパーク
    次へ


  16. ポンノッポロ橋をくぐる
    次へ


  17. もみじ台緑地(右手にトイレ)を直進
    公園


  18. 突き当たりを左折し、上り坂へ(この先は5月中旬まで雪捨て場で通行不可です)
    突き当り


  19. 交差点を横断2回して厚別東1-5へ
    厚別東1-5


  20. 白線のある歩道を下り坂で左カーブ
    次へ


  21. 下り坂で直進
    次へ


  22. 左手に厚別中学校
    次へ


  23. 途中の交差点で白線が消えるけど直進
    次へ


  24. 車道に東税務署の看板
    次へ


  25. 東税務署の交差点を横断1回で右折
    次へ


  26. 小野幌橋を渡る
    次へ


  27. 白線のある歩道を道なりに直進
    次へ


  28. 江別市に入る
    次へ


  29. 「文京台」と書かれた押しボタン信号を渡る
    次へ


  30. 横断中に自転車道の看板が見え、そこへ直進
    次へ


  31. 急な下り坂とカーブを白線に従がって進む
    次へ


  32. 白線の歩道を直進
    次へ


  33. 交差点の手前と向こうに自転車道の看板があり、横断し直進
    次へ


  34. 白線のある歩道を直進
    次へ


  35. 右手に大麻高校
    次へ


  36. 歩道がなくなり砂利道を直進
    次へ


  37. 「STOPここまで」という看板を通過
    次へ


  38. 大麻高校の背中の道へ右折
    次へ


  39. 砂利道が終了し、直進
    次へ


  40. 分譲住宅地の中を直進
    次へ


  41. 3番通と合流し、普通の歩道を直進
    次へ


  42. 左手のセイコーマート(車道に高速の江別入口の看板)を左折
    次へ


  43. 急な下り坂を直進
    次へ


  44. 周囲の建物が極端に少なくなる
    次へ


  45. 白線なしの橋を渡る
    次へ


  46. 白線つきの橋を渡る
    白線付きの橋


  47. 小さい「札幌」の看板
    次へ


  48. 白線つきの歩道を直進
    次へ


  49. 歩道の上に自転車道の看板
    次へ


  50. 急な上り坂とその頂上に橋
    次へ


  51. 高速道路をくぐる
    次へ


  52. 自転車道の看板(左折の矢印)を無視し直進
    次へ


  53. 旧豊平川を横断し直進
    次へ


  54. 自転車道の看板(矢印なし)を直進
    次へ


  55. 道なりに90°左カーブ
    次へ


  56. 自転車道の看板(矢印なし)を直進
    次へ


  57. ゆるやかな右カーブ
    次へ


  58. 自転車道の隣の車道と、右手の広い道路がはるか前方で合流
    次へ


  59. 左手に自転車道用の休憩所(トイレつき)
    次へ


  60. 道路の合流地点に自転車道の看板
    次へ


  61. 歩道を道なりに左折
    次へ


  62. 雁来大橋を渡る
    次へ


  63. 橋のそばにある信号を右折し、対向車線側の歩道から、さらに橋の外側の車道を横断し歩道に上がり、右折する。このとき、左から「空地」「自分の歩道」「川へ向かう車道」「雁来大橋」という風景になる
    次へ


  64. 豊平川の土手まで直進
    次へ


  65. 後と右手から車が来ないことをはっきり確認してから左折し、車道の左端をダッシュでかけ上がり、左への分岐する所へ退避
    次へ


  66. 左右をよく見て車が来ないことを確認し、車道を横断、土手に上がる
    次へ


  67. 進入禁止の標識がついた柵の横から進入
    次へ


  68. 砂利の下り道を通り、ヘアピンカーブで右折しつつ謎の自転道と合流
    次へ


  69. 謎の自転道を走り、雁来大橋をくぐる
    次へ


  70. 突然、謎の自転道が滝野・上野幌自転車道に変身
    次へ


  71. ひたすら、自転車道を道なりに直進し、豊平川の上流へ向かう
    次へ


それから、ポイントとなる位置を地図で示してみました。
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図
地図

経路が難解なところは、これで通られると思います。滝野への経路はまたいずれ。

解析(本当に解析だったです)が難しかったのは、交差点でどこへ向かうと良いか、案内がまったくないこと。 自転車道は見りゃわかるから、「ここは自転車道」を見て安心する程度。交差点や、道路を左折/右折する所に「自転車道はあっち」という道案内こそが必要なんです。

お役所の人はこれだから、もー。間違いなく、1度も自転車で走ってなさそー。担当の人と一緒に走ってみたい(笑)。

この経路を解析するのに1回30km強の道を5回通りました。リストの24~29が一番難しくて5回目にようやくわかった。

この状況、昔も経験したことがあります。サッポロファクトリーの店内にある案内図を見たときと同じ。 結局、「昔」=「2度と行かねぇ。」ということになりました。この自転車道は、他に代わる良い道がないので、解析した訳なんです。