あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先

札幌土木現業所推薦クリテリウム-1 (2012.09.19)

発端

常駐先のお客様から、「こんな看板を見つけたよ。」と写真を拝見して、興味を持ったコースがあります。 写真には「札幌土木現業所」の名前があったので、役所お勧めのサイクリングコースという訳です。 概要は、

     南幌→栗沢→栗山→由仁→長沼→南幌

と、周回コースになっています。 看板に「サイクリングコース」とあって、サイクリングロードではないために、自転車用の道路、白線、案内といった親切な設備は一切ありません。 出発までに、看板のコース形状と自治体(=町役場)との相対位置からコースを推測して臨みました。

詳細

Googleマップを作りました。

清幌橋

2012.09.19 ここと次を追加 歩道がなくて路側帯がほとんど無くて車が良く通る清幌橋が更新されたので行ってきました。 トンデンファームと清幌橋へ行って80kmコース
清幌橋はこの辺にあります。自転車マーカーはサイクリングロード看板の位置です。

絵に描いたようなお役所仕事

看板も撮影しておこうと車道の左側を探しても見つかりません。どこ…あった。 案内看板(南幌町)1 なんでこんなとこに? 案内看板(南幌町)6

実走当時の記録

2005.09.16 正順で再挑戦した結果から、ちょっとした近道(笑)に変更したのと、地図表示を追加しました。 困った事に、このページを更新していて、南幌~長沼のルートに誤まりを発見してしまいました。 でも、面倒なのでそのまま…。あ、もちろん、次に走ったあとで訂正しますね。 2005.09.22 正しいルートを色々考えたのですけれど、今イチ決め手に欠けるので、役所(=札幌土木現業所)へ行って伺ってきました。 ここで、その言質を公表して、対応された方々に迷惑がかかっては、元も子もないので、あえて非公表。 いやぁー役所の応対って、この20年間にビックリするほど変わりましたねー。なまら親切です。ここホントに役所? おかげで、道道に路線名(地名2個でおおよその区間がわかる名称)を付記できました。      で 以下の諸元を私が決定しました。(←非公表の訳がバレバレ。) ・名称は「札幌土木現業所推薦クリテリウム」 ・通行場所は進行方向左側の歩道、なければ右側の歩道、なければ左側の車道 ・写真のポイント(看板)を通過 ・始点まで戻ってくる 対応された方が後でホームページを検索したら、私が持って行った写真と同じのがこのページにあって(そりゃそーだ) 「あ、あいつだぁー。」とか叫んでたりして。(笑) 2005.09.28 未実走のルートを通るついでに、栗山町役場、栗沢町役場にも伺ってみたところ、土現(=札幌土木現業所)と同じなので非公表。 実走箇所の更新と、新たに長沼境界に看板を発見したので追加しました。 2005.10.11 南幌町役場へ行って担当の方に伺うと、看板の位置を教えてくださいました。ちゃんと教えてくださったのは、南幌町だけです。 地図で一発差して「ここにあるのを見たのですけれど何年も前なので今もあるかわかりませんが。」 …すげぇ。南幌町はいい人材を育てていますね。 札幌からよそへ引っ越すときは、2番手に南幌町を挙げます。(1番手はエルフィンロードの北広島市)      で 清幌橋の栗沢側に立ってた看板を橋の架け替え工事で撤去したろ。あれ、どこにやった?>札幌土木現業所 他の町の看板は全部あるのに、南幌町のだけ無くなってしまいました。 もし捨ててたら南幌町の顔に泥を塗ることになるので、工事終了までに復元したほうがいいよ。いや、ホントに。 2007.05.31 今日、このコースを走ってみたら、なんと南幌町の看板を立ててあるじゃありませんか。 看板の右端が若干めくれていてトラックがぶつけたのだろうと思いますけれど、ぶつかりようがない位置に立ってる(笑)。 南幌町役場の人に知らせてあげたい「看板あったよー。」(当初なくなっていたのは内緒) 清幌橋の完成までは、あきらめていたけれど「札幌土木現業所(株)」という位の信じられねぇ素早い対応。 もう一つ素早い対応を見つけたら「爆速札幌土現」(ホメ言葉)と呼ばせてください。 まずは札幌土木現業所推薦クリテリウムまでの移動です。

札幌

白石サイクリングロード(札幌市管轄で路線名不明)

エルフィンロード(=道道1148号線、札幌北広島自転車道線)

北広島駅の手前で離脱(ここにトイレ完備)

道道46号線(=江別恵庭線)

国道274号線

道道3号線(=札幌夕張線)

ここから入ります。 2005.10.14 周回の向きを看板に合わせる修正中です。順序を変更しただけで説明文が整合していません。 またヒマができたら修正していきます。
道道3号線(=札幌夕張線) 道道1056号線(=江別長沼線)から合流して周回になっています

長沼

国道337号線

道道3号線(=札幌夕張線)

左折しても道道1008号線(=夕張長沼線)

右折しても道道1008号線(=夕張長沼線)

由仁境界

道道1008号線(=夕張長沼線)

山道(笑)

離脱(笑)

由仁

道道694号線(=北長沼由仁線)

近道(笑)

栗山境界

道道45号線(=恵庭栗山線)

右折しても道道692号線ここは道道692号線(=朝日楼丘線)が道道692号線(=角田栗山停車場線)に合流

栗山

道道692号線(=朝日楼丘線)

国道234号線

栗沢境界

道道30号線(=三笠栗山線)

山のふもと

突き当たりは右折しても道道817号線(=茂世丑最上線)

道道817号線(=茂世丑最上線)

国道234号線

栗沢

栗沢駅周辺

栗沢町清幌橋付近

突き当たりは右折しても道道274号線(=栗沢南幌線)

直進して道道274号線(=栗沢南幌線)

南幌

斜めの道路へ変更

直進して無名の道路へ

右折しても道道1056号線(=江別長沼線)

左折して道道1056号線(=江別長沼線)

長沼町境界付近

コースから離脱して道道3号線(=札幌夕張線)

役所のお勧めにしては、歩道のない所をコースに設定している珍しいケースだと思います。 それと、看板の向きが全部裏側だったので、また逆順に走ってしまったようです。 3枚目くらいで裏側でもサイズとパイプの色で判別できるようになりました。

道案内がまったくないので推測で通ってみたら看板を6枚見つけて安心しましたけれど、途中でコースアウト/復帰を繰り返していたかも知れません。 これら以外の看板を発見された方がいらっしゃいましたら、修正したいので連絡ください。
連絡先

《小ネタ》
このページを見た役所の担当者が「あんなに看板を設置したのにまだ足りないの?」とか言って、追加してくれたりして。 追加の際は、曲がり角に「ここで曲がってください。」という案内板にしてください。>担当者さん

《ささやかなツッコミ》
看板のモノグラム(マーク)が道路交通法違反(=自転車の並進禁止)だったりして。