あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先
ADSLモデムのWeb設定画面を表示 (2005.03.22)

とりあえず、ADSLで接続できるようになったのですけれど、ADSL開通前まで表示できていたWeb設定画面は開通後に表示できなくな
くなっていました。色々と試して、ようやく表示できましたので、せっかくですから、ここにその結果を残しておきます。


1.モデムと直結するLANボードにローカルIPアドレスを設定
どこかのページにLANボードにローカルIPアドレスを設定してはいけないと書かれていまして、ADSL開通の際に設定を外していまし
たが、設定していても問題ないことが判明しました。/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1を修正します。例によって、IP
アドレスは内緒。

DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
IPADDR=???.???.???.???
ONBOOT=yes


2.iptablesのテーブルnatにマスカレード追加

amithlon(操作PC)からADSLモデム宛の接続は、パケットがppp0から出なくて、eth1から出るので、その辺を指定します。
amithlonは操作PC、ntt_ms5はADSLモデムのホスト名で、/etc/hostsにローカルIPアドレスを設定してあります。

iptables --table nat --append POSTROUTING --jump MASQUERADE --out-interface eth1 --source amithlon --destination ntt_ms5


3.iptablesのテーブルfilterにルールを追加

このテーブルの先頭には、発信/受信にローカルIPを含むパケットをDROPするルールを入れているため、ローカルIPを設定してある
ADSLモデムへのパケットがDROPされる訳です。そこでDROPされる前にACCEPTするようルールを挿入しました。これで、amithlonと
ntt_ms5はフリーパスで連絡できるようにしました。

iptables --insert FORWARD 1 --jump ACCEPT --source amithlon --destination ntt_ms5
iptables --insert FORWARD 1 --jump ACCEPT --source ntt_ms5 --destination amithlon