あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先

RTCのバッテリーバックアップ (2012.03.06)

端子VBATでバックアップ

LPCXpressoにはバッテリーバックアップ端子VBATがあって、 ここに3.3Vのバッテリーを接続しておくと電源OFFでも内蔵RTCにだけ供給して時計が止まらないようにできています。 一応3.3Vってことになっていますが、回路設計用のマニュアルをよく読むと 1.6V未満で誤動作すると書いてありますから1.6V以上ならよさそうです。 これが全体像。
LPCXpressoの全体像

バックアップされない原因

CR2という3Vのリチウム電池を改造した単5用電池ホルダに入れて使いましたが、RTCがバックアップされません。 プログラムで何か設定漏れがあるかとマニュアルなど色々読みましたが、特にバックアップ用の設定がありません。 しばらく原因がわかりませんでしたけれど、ようやく判明しました。 これが改造した電池ホルダ
改造した電池ホルダ

そして原因
原因

はい、接触不良でした。 という訳で電池ホルダを外して、リード線直結ハンダ付け。
よい子は真似をしてはいけません。
リード線直結ハンダ付け~1
よい子は真似をしてはいけません。
リード線直結ハンダ付け~2
よい子は真似をしてはいけません。
リード線直結ハンダ付け~3

これでRTCはバッテリーでバックアップされました。右上の表示が現在時刻です。
液晶表示

今回の鉄ゲタコーナーは…ありません(これは自爆)。

CR2用の電池ホルダを見つけました。
株式会社タカチ電機工業