あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先
フレッツISDN (2004.02.06)

いままでテレホーダイ1800に入っていたのをやめて、フレッツISDNにします。「olfaめ裏切ったな!」と言われそう。
いつの間にかプロバイダの料金設定が最も低くなっていました。一番高いのは、今までやってきたアナログでした。(笑)

アナログとフレッツISDNの年間費用
項番項目アナログフレッツ差額
1電話基本料金21,00021,000+-0
2割引サービス21,60030,240+8,640
3プロバイダ15,0006,800-8,200
4合  計57,60058,040+440

と、言っている間にNTT東日本から「ご注文内容のお知らせ」が届きました。しまった。いきなり勘違いです。
例えば普通の電話とテレホーダイ1800なら、基本料金と割引サービス料金の両方がかかるようにISDNの基本料金と
フレッツISDNのサービス料金の両方がかかるみたいです。おバカもいいところ。

アナログ(&テレホーダイ1800)と
ISDN(&フレッツISDN)の年間費用
項番項目アナログISDN差額
1電話基本料金21,00033,960+12,960
2割引サービス21,60030,240+8,640
3プロバイダ15,0006,800-8,200
4合  計57,60071,000+13,400

むちゃくちゃ高くなってるじゃないか!ホントか、オイ。請求書が来るのが怖くなってきました。(笑)

そして、とうとう最初の請求書がやって来きました。まぁ、だまってこれをご覧ください。
回線の切り替え時なので、重複して料金がかかっています。

請求書の内訳
項番項目金額
1回線使用料466
2回線使用料2,075
3ダイヤル通話料1,800
4INS通話料59
5INS通話料1,190
6マイライン登録料800
7フレッツ・ISDN利用料2,053
8消費税422
9携帯電話へダイヤル通話料20
10消費税1
11PHSへINS通話料30
12消費税1
13合計8,917

更に2通目の請求書が来ました。切替えも落着きましたので、これが続くと思います。
改めて、年間費用を計算したら上記の表と同じでしたので、年間13,400円も多くなってしまいました。あぁ。

請求書の内訳
項番項目金額
1回線使用料2,830
2INS通話料59
3フレッツ・ISDN利用料2,800
4マイラインプラスセット割引-280
5消費税270
6合計5,679