あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先
「〇〇フリー」の意味をご存知ですか? (2004.12.12)

大抵の皆さんは、高校で英語を学んでいるから、「〇〇フリー」が「〇〇なし」であることをご存知なのですけれど、
例えば私のように工業高校で名ばかりの英語(先生ごめん)を学んでしまうと、「自由な〇〇」と勘違いしてしまいます。

海外旅行をすると関税のかからない(本当?)免税店がありますよね。「Tax Free」→「税金なし」
自動車を運転中に携帯電話を使えるようにする仕掛けがあります。「ハンズフリー」→「握らない」
機械の整備をしなくてもよい部品もあります。「メンテナンスフリー」→「整備なし」
フロッピーディスクのエラーがない(出荷前の全製品を検査する)。「エラーフリー」→「エラーなし」
ダイエットしている方が注目する脂肪分なしの食品。「ファットフリー」→「脂肪なし」

あるホームページに「このホームページはリンクフリーです」と書かれていました。→「リンクなし」
すごい宣言ですね。「このホームページはリンクなしです」だというのですから。
何か訳があってリンクしないんだなぁと思いながら、読んでみると、リンクがありました。(←はい、ココ笑う所)
実は、この変な宣言をしているホームページは約15,500件もあります。(2004年10月30日現在)
ウソだと思うなら「Google 検索: "このホームページはリンクフリーです"」をご覧ください。
2004.12.12 さっき見たら29,800件に増えていました。
そして、ついにやっちゃいました。SUZUKI Wogon-RのCMでキャッチコピーが流れると、

          Enjoy Free
         (楽しみなし)

とうとう、自動車の正体が見えましたね。CMで快適とか楽しいとか思わせておいて、代金一杯ふんだくって、
役所への登録代金がっぽり納めて、重量税、ガソリン税どっさり税務署に入れて、保険料どぼどぼ出して、車検費用も出して、
その結果が「楽しみなし」ですから。うひゃひゃ。

自動車なんかやめちゃって、滋賀丸石自転車工業 EMPEROR TOURING MASTERに乗ればいいのに。この自転車なら

          Free Enjoy

できますよ。