あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先
フレッツISDNからフレッツADSLへ移行 (2012.10.07)

何を今更と言われると思いますけれど、これには深~い訳があります。まずは現行の費用をご覧ください。
フレッツISDNの年間費用
項番項目金額支払先
1INS回線使用料33,960円NTT東日本
2フレッツ・ISDN利用料33,600円NTT東日本
3マイラインプラスセット割引-3,360円NTT東日本
4消費税3,210円NTT東日本
5プロバイダー契約7,140円フェニックスクラブ
6合計74,550円-

費用の90%をNTT東日本に支払っていて、プロバイダへは10%だけです。 このプロバイダは色々と自由にやらせてくれるし、ホームページの初期容量100MBもあるし、いい会社には、それなりに応援したくなるものです。 そこで比率を変えるためにADSLに移行しようと考えた訳です。 下記の表が(想定)になっているのは、ISDNの際のイタい経験から。(苦笑)

フレッツADSLの年間費用(想定)
項番項目金額支払先
1回線使用料20,400円NTT東日本
2フレッツ・ADSL利用料31,200円NTT東日本
3マイラインプラスセット割引-3,120円NTT東日本
4消費税2,424円NTT東日本
5プロバイダー契約13,440円フェニックスクラブ
6合計64,344円-

これでプロバイダへ20%支払うことができるようになります。 早速、プロバイダへ変更手続きをして機器の調達を始めました。 近所の電器屋さんに行くと、ADSLモデムがありましたけれど、 元々あまり売れないADSLモデムは、売れ残りというものがなさそうで、店頭には最新型2機種だけでした。 片方はIP電話対応とうたっていて価格も高いので、シンプルなMS5を10,500円で購入しました。 ADSLといっても1.5Mbpsで十分だから猫もまたぐような(笑)古い機種でよかったんですが。
単体のルータも買ってきてADSLモデムと連結させるところを、Linuxにルータをやらせているために、RP-PPPOEを使います。 これまでISDNの場合、TAがATコマンド準拠のモデムとして動作してくれていましたので、pppdを起動すれば良かったです。 ADSLモデムはATコマンド準拠ではないので、ADSLモデム用のソフトの出番という訳です。
切換当日にLinuxにLANボードを1枚追加してADSLモデムと接続、ぶっつけ本番でADSLを開通させようと考えています。 早くNTT東日本から連絡こないかな。
2005.03.15 LANボードを追加した件をディスクなしパソコンの構築~その4~に追加しました。 2005.03.15 プロバイダの契約変更フォームで申し込んだ際に「変更希望日(課金開始日)」に3月10日と入力して連絡し、 当日はADSLのスプリッタ&モデムに取り替えておいたら、NTT東日本から職場に連絡があって打ち合せしただけで、切換は3月16日とのこと。 帰宅してIS DNに戻しました。 残念!ではここで問題です。「変更希望日(課金開始日)」に何の日を入力すると、 3月10日にADSLを開通できたのでしょうか? 正解はプロバイダからの回答(=解答)をお待ちください。 2005.03.21 3月16日に無事ADSLに切り換えできましたけれど、RP-PPPOEやらプロバイダとの認証やらで3日ほどかかってしまいました。 上記の通り一番安い1.5Mですが、無駄に小さい伝送損失だけは自慢できます。なんたって1桁前半だもんねー。 ちなみに、下りの3dbは自宅に届いている分が10(-3/20)x100=70%です。2桁の10dbなら、たったの32%ポッキリ。 AmigaのブラウザAWebIIで、ADSLモデムMS5のWeb設定画面を見た所 とっても小さい伝送損失 2005.04.15 えーと、随分前にプロバイダから連絡があったの忘れてましたが、 3月10日にADSLを開通するのにフォームに何日を入力するとよいかの件ですけれど、具体的な日付を回答してくれませんでした。 今ならどこのプロバイダにでも速攻で移行できるからいいもんね。 2005.04.15 NTT東日本から請求書(ご利用料金内訳書)が届きました。金額は次の通り。 ADSL移行に伴なう初回費用は工事料4,200円+契約料1,600円=5,800円ですね。
ご利用料金内訳書(2005.04.11発行)
項番内訳金額
1回線使用料(基本料)2,394円
2フレッツ・ISDN利用料4,154円
3ダイヤル通話料17円
4工事料4,200円
5INS通話料25円
6契約料1,600円
7マイラインプラスセット割引-416円
8消費税相当額598円
9合計12,572円
2005.06.15 5月発行の内訳書では、切換の途中なので、料金が日割になっています。 6月発行の内訳書では、最初の1年間の割引サービスでフレッツADSLが1,800円です。
ご利用料金内訳書(2005.05.12発行)
項番内訳金額
1回線使用料(基本料)1,700円
2フレッツ・A1.5M1利用料928円
3消費税相当額131円
4合計2,759円
ご利用料金内訳書(2005.06.12発行)
項番内訳金額
1回線使用料(基本料)1,700円
2フレッツ・A1.5M1利用料1,800円
3ダイヤル通話料68円
4消費税相当額178円
5合計3,746円
という訳で年間費用はこんな感じ。
フレッツADSLの年間費用(最初の1年間)
項番項目金額支払先
1回線使用料20,400円NTT東日本
2フレッツ・ADSL利用料21,600円NTT東日本
3消費税2,100円NTT東日本
4プロバイダー契約13,440円フェニックスクラブ
5合計57,540円-
2012.03.02 ADSLの種類を1.5MからモアⅢに変更しました。 これで年間費用が9,160円増加しました。
フレッツADSLの年間費用
項番項目金額支払先
1回線使用料20,400円NTT東日本
2フレッツ・ADSL利用料33,600円NTT東日本
3マイラインプラスセット割引-3,360円NTT東日本
4ユニバーサルサービス料84円NTT東日本
5消費税2,536円NTT東日本
6プロバイダー契約13,440円フェニックスクラブ
7合計66,700円-