あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先
有権者に投票させない努力 (2011.05.02)

2011年4月10日に選挙があります。
2月に札幌へ引越したので、旭川市の選挙人名簿に掲載されています。
さあ、この状況でどーやって投票しよう。

札幌市で不在者投票をする。
   ↓
不在者投票をするために、不在者投票用紙を旭川市からもらう。
   ↓
旭川市から不在者投票用紙をもらうために、札幌市から「引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書」をもらう。
   ↓
札幌市から「引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書」をもらうために、区役所の窓口へ行く。
   ↓
区役所の「引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書」を発行する窓口がないので、3Fの選挙の部署へ行く。
   ↓
選挙の部署がもぬけのカラなので、隣の部署に相談。
   ↓
隣の部署から、選挙の部署は別の建物の区民センターにあると言われる。
   ↓
区民センターへ行き、選挙の部署を訪ねる。
   ↓
選挙の部署から、「引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書」は区役所の戸籍の窓口が発行すると聞く。
   ↓
区役所へ行き、戸籍の窓口を訪ねる。
   ↓
窓口のおねいさん(だったことが過去に何μsあったかも、以下「窓口」と略)が「引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書」を知らない。
   ↓
窓口に旭川市選挙管理委員会発行の「北海道知事及び北海道議会議員選挙の投票について」を見せて説明する。
   ↓
イスで待つ。
   ↓
別の窓口のおねいさんから「引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書」をもらう。
   ↓
証明書の名前を省略するなんて、日本の役所がこんな合理的なことをする訳がない。間違いなく偽物だ。
引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書
   ↓
「引き続き北海道の区域内に住所を有する旨の証明書」と「不在者投票宣誓書兼請求書」を旭川市へ郵送。
   ↓
旭川市から不在者投票用紙が郵送で届く。《いまココ。4月8日22時帰宅。不在者投票は投票日の前日まで、つまり4月9日の1日限りだ。で、出勤日ときたもんだ》
   ↓
4月9日は、もし常駐先の施設が全館停電のトラブルになったとしても17:30に退勤して不在者投票しに行く。
案の定、お客さんから独占禁止法違反(役務の委託取引における優越的地位の濫用)を食らう。いつものことなんで18:30までにやっつけて退勤。
ここで一曲。

届いた物はこれ。

封筒
封筒

投票用紙及び投票用封筒の交付について
投票用紙及び投票用封筒の交付について

投票用紙と封筒(表)
投票用紙と封筒(表)

投票用紙と封筒(裏)
投票用紙と封筒(裏)

候補者氏名等掲示
候補者氏名等掲示

   ↓
で実際に投票してきました。
なんと、私の投票用紙を旭川市に「郵送」するそうです。翌日の開票に間にあうのか、これ。