あなたの天然記念物
ホーム更新雑談Perl鉄ゲタランドナーコースガイド自転車Linuxリンク経歴連絡先

モジュールTerm::Screenのバグ (2017.07.11)

発生条件

設定が「stty -raw」と異なる端末でモジュールTerm::Screenを使ったスクリプトを終了する
Term::Screen - search.cpan.org

症状

Vimに入力した全角文字が半角英数字に化ける。また、tail --follow log_fileをC-cで停止できない。

原因

当該モジュールのオブジェクトが破棄時に「stty -raw」を呼び出すだけで端末設定を復旧しないまま終了するため。

再現方法

端末を開いて
perl -MTerm::Screen -e "my \$t = Term::Screen->new();"
vim test.txt ←中で全角文字を入力、文字化け
tail --follow log_file ←適当なファイルをチェック、C-cで停止不可

解説

端末を開いた直後
stty --all
speed 38400 baud; rows 32; columns 155; line = 0;
intr = ^C; quit = ^\; erase = ^?; kill = ^U; eof = ^D; eol = <undef>;
eol2 = <undef>; swtch = <undef>; start = ^Q; stop = ^S; susp = ^Z; rprnt = ^R;
werase = ^W; lnext = ^V; flush = ^O; min = 1; time = 0;
-parenb -parodd cs8 -hupcl -cstopb cread -clocal -crtscts -cdtrdsr
-ignbrk -brkint -ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr icrnl ixon -ixoff
-iuclc -ixany -imaxbel -iutf8
opost -olcuc -ocrnl onlcr -onocr -onlret -ofill -ofdel nl0 cr0 tab0 bs0 vt0 ff0
isig icanon iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase -tostop -echoprt
echoctl echoke

Term::Screenを使った後
stty --all
speed 38400 baud; rows 32; columns 155; line = 0;
intr = ^C; quit = ^\; erase = ^?; kill = ^U; eof = ^D; eol = <undef>;
eol2 = <undef>; swtch = <undef>; start = ^Q; stop = ^S; susp = ^Z; rprnt = ^R;
werase = ^W; lnext = ^V; flush = ^O; min = 1; time = 0;
-parenb -parodd cs8 -hupcl -cstopb cread -clocal -crtscts -cdtrdsr
-ignbrk brkint ignpar -parmrk -inpck istrip -inlcr -igncr icrnl ixon -ixoff
-iuclc -ixany -imaxbel -iutf8
opost -olcuc -ocrnl onlcr -onocr -onlret -ofill -ofdel nl0 cr0 tab0 bs0 vt0 ff0
-isig icanon iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase -tostop -echoprt
echoctl echoke

違いはドコ?(・_・ ) ( ・_・)
(diffで差分をとりました)
6c6
< -ignbrk -brkint -ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr icrnl ixon -ixoff
---
> -ignbrk brkint ignpar -parmrk -inpck istrip -inlcr -igncr icrnl ixon -ixoff
9c9
< isig icanon iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase -tostop -echoprt
---
> -isig icanon iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase -tostop -echoprt

モジュールが使っているsttyを見るとオプションrawと-rawは相反でないし、大体、端末設定の保存と復旧じゃない。
Man page of STTY
「raw」「 -ignbrk -brkint -ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr -icrnl -ixon -ixoff -icanon -opost -isig -iuclc -ixany -imaxbel -xcase min 1 time 0 と同じ 」
「-raw」「cooked と同じ 」
「cooked」「brkint ignpar istrip icrnl ixon opost isig icanon と同じ。 eof および eol 文字は標準の値になる 」

暫定対策

Term::Screenを直しゃ良いんですがこの手のバグ報告の方法とか英語とか知らないのでモジュールの外側で対処します。 複数箇所で使う予定がなく、元クラスを継承したバグ修正版クラスを作りません。 オブジェクトTerm::Screenの生成前に端末設定を保存、undefで破棄後に復旧します。
my $last_stty = `stty --save`;

my $t = Term::Screen->new(); # stty raw
(画面処理)
undef $t; # stty -raw

`stty $last_stty`;