トップ >> 理念・基本方針



石山センターは
北海道で初めての自閉症者の支援施設として開設されました。

利用者一人ひとりが社会人としての尊厳が保たれるよう
個々の障害特性を理解すると共に
障害に適した援助を人権に配慮し
福祉サービスを提供することを理念としております。


  石山センターでは 利用者の多くが自閉性障害を有していることからも
「治療 ・ 療育の立場」 にたって
情緒の安定及び身辺の自立を図るとともにできるかぎり
社会生活に適応できる能力の育成を図ることを
主眼として取り組んでいます。


 石山センターは 利用者個々のニードを科学的に把握し
これに基づいた 適切な支援プログラムの設定を行い
計画的・継続的かつ統合的に実践することを基本方針としています。


  生活介護事業においても 地域生活を困難にしている要素を分析し
従来入所施設として備えていた機能を提供することで
より一層地域生活を円滑にするよう援助します。



 共同生活介護事業(ケアホーム)においては、
引き続きバックアップ施設として、就労支援をはじめとした
地域での生活全般を世話人と共に援助しております。

 知的障害者居宅介護事業所「フルネス」では
地域で生活をしている知的障害者が より充実した生活を営むために
行動援護・移動介護事業を行い 日中支援サービスの提供と合わせ
地域生活に より幅を持たせた支援を行っています。