「出産」ってどんな感じ?
という方達のために、昔野が実際に体験した2種類の分娩方法を語ります。

それが、
「VBAC」
(帝王切開をした人が次に経膣分娩をすることを
「帝王切開後の経膣出産」
VBAC(=Vaginal Birth After Cesarean の略)
と言います。)
と、言うものです。

うっかり両方を体験してしまったので、ここに記しておくことにしました。
経験するまではやはり不安だったので、ネットでも調べてみましたが、
某チャンネル(参考にしていいのか!?)では
あまり詳しい体験記がなかったので、だったら自分で書くしかないなーと思いました。
つい最近、帝王切開後の経膣分娩を「VBAC」と言うことも知りました。
で、結論から言うと
決して皆さんに「さあ!!私が大丈夫だったのだからオススメです!!」
と、声を大にして簡単に言えることではない、というコトです。
私自身も医者から危険な理由をさんざん説明され、(半ば脅された、とも言える)
安全、安心な方法として強く勧められたのはやはり、
「帝王切開後、次の出産も帝王切開」
の方法でした。
もちろん一番はお腹の中の子が無事で産まれるコト。
それは誰だって同じなはず。
でも、私自身帝王切開のダメージがものすごく強くて、
(たまに居るんだ。切った方が楽、とか言うヤツ。逝ってよし!!)
回復するのに1年以上かかったという経歴を持っているので、
どうしてもそう簡単にまた切腹なんぞしたかねーぞ!!というのが本音だったりしたのです。
できることなら普通に下から産みたい、って皆思ってると思うから。
でも、なかなかうまくいかなくて、止むを得ず切るっていう人が殆どだと思うから。
(身体の条件とか、突然の体調の変異とか、胎児の危険とか)
それでも全て納得づくでも、私は悔しかったから。
だって腹を切るなんて考えてもいなかった。
普通に産めるとばっかり思ってたし。
だからこそ最後まであきらめない手段もあるんだってことを。
少しでも参考になればいいなーという願いを込めて、
記しておきます。


        一人目は「帝王切開」             二人目は「経膣分娩」