農業生産法人(有)ファームアグリエイトの生い立ち
  明治19年岩手県から北海道開拓の志を持って
長内竹松が壮瞥町字南久保内の現在地に開拓の鍬を入れて入植しました。
 初代ー長内竹松・二代目ー長内辰之助・三代目ー長内竹蔵・
四代目ー長内晃一郎そして五代目ー長内伸一が長内農園・長内わい化りんご園と
して農業を継続してきました。
 平成14年2月19日持続的農業継続のために、家族経営から企業的感覚の自立経営を目指して農業生産法人(有)ファームアグリエイトを設立しました。
 社名の由来
 
意識改革の必要性を感じ、あえて長内農園とせず英語の造語としました。
アグリカルチャー(農業)とクリエイト(創造)を合わせ、
その頭にファーム(農場)を付けファームアグリエイトしました。

 明日の農業(Aguri)を創造(Create)する!!

 農業の持つ可能性を創造する農場を目指したい意味を込めています。
農場名は私達農業者と皆様が親戚付き合いが出来、気持ちがふれ合って
ほくほく出来ればと「ほくほくファーム」と付けました。

 耕作作物・面積

総面積 32ヘクタール
水稲 7 ha   りんご 2 ha ブロッコリー  4,5 ha 小麦5,5 ha ビート 7ha 小豆 6 ha
耕作しています。(1ヘクタールとは100メートル×100メートル)

 当農場では自然と環境を大切にしたクリーン農業を目指しています。
減農薬の認証制度「イエスクリーン」を米とりんごで取得し、
ブロッコリーではエコファーマーの取得、他の作物も農薬と化学肥料を
減らした栽培を心がけています。

 農業の多面的可能性への挑戦
  
 
農業が農産物の生産だけではなく,多くの皆様に大地の恵みを受け
体を使い汗を流し命を育む喜びを学んで頂くことがこれからの農業
の役割のひとつと考えます。
皆様もネット上でのバーチャル体験と実際の畑でお百姓を体験しませんか。
今後そんな企画をしたいと考えています。そのときは是非ご参加下さい。
また、皆様からのアイディアもお待ちしています。

 皆様と情報を共有したいと思います。ご提案をお待ちしております。
 
農場紹介