「楓芽」のメンバー については、

 「自己紹介」から「所属団体のページを
 ご覧下さい。





 現代邦楽を中心に
 音楽の表現を大切にすることを
 主眼に
おいて取組んでいます。

 けして妥協することなく
 演奏する側も聞く側も
 いかに満足できる音楽にするか
 真剣に
語り合うことが
大切です。

 長年、尺八と箏(17絃)を
 中心に編成していましたが、
 琵琶やシャクルート、ギター、
 ウッドベースも楽器編成に
 取り入れて
 変化のある音作り
を心がけて
 演奏活動をしています。