尺八を吹いてみませんか?
門人募集中

                                                                                          

     

                   
あなたも 一緒に


<資格(職格)を取って、将来、指導者・演奏者として歩みたい人のために>


<尺八の音が好きで、楽しみたい人のために>

紅山会演奏活動のページ


教授会場

 
 谷藤紅山宅(遠軽町寿町2−38)     
練 習 日
 時間等、ご相談に応じます。
時  間    原則として、1時間〜1時間半
教 授 料  メール等でお尋ねください。小学生・中学生・高校生の指導には、 大きな配慮をいたします。
尺   八  金額・竹相等、ご相談に応じます。   律や音質等、自信をもって推薦できます。
その他
必要なもの
 楽譜(段階に応じて斡旋) 譜面台  尺八ケース 他

備   考 
 その他問合せは、メールをご利用下さい。

老若男女を問いません
日本の文化を受け継ぐ人に
        老若男女を問いません  

       1.今、各地で尺八に興味を持つ人が増えています。
        色々なグループが生まれ、それぞれに独自のジャンルで尺八の音色を楽しんでいます。
           小中学生も吹いています。尺八を吹く仲間を増やしましょう。全国に


      2.老後の楽しみに、指を動かして脳を活性化させましょう。
        高齢化社会になるのであれば、自ら元気に過ごせる方法を見つけなければ
           なりませんね。

           別ページの遠軽尺八同好会でも、退職後に入会し、熱心に練習しています。
           紅山会では、70歳過ぎてから入会した女性が3分で音を出して、大喜び!「物事を始める
           のに、年齢は関係ない。『やりたい』と思った時がスタートです。」と元気です。


      3.不思議と尺八の音は色々な楽器と相性が合うのです。
        
地唄や尺八本曲など伝統的な音楽はもちろん、現代邦楽や歌謡曲、さらに民謡でも、時には
           ジャズだって吹けるんです。


      4.吹奏楽でも、男女を問わず、楽器を吹いてますよね。
       
 40年前までは、男性ばかりの吹奏楽団体も、今は女性がどの管楽器も演奏する実力をつけ、
           素晴らしい演奏もするようになりました。

          「だったら、 尺八を女性が吹いてもいいんじゃない?」と言って、私の妻も始めました。
           邦楽団体に所属して楽しんで吹いてます。

        既に師範免許を取得し、同好会や講座でも活躍しています。なくてはならない存在になっています。
          紅山会には、若者も皆伝目指して頑張っています。



      5.心を和ます音楽として個性的な音を楽しみましょう。
        一人でも、二人でも、大人数でも、それぞれに幽玄な音として、また、ほかの楽器にはない
           奏法で美しいハーモニーも創り出せる楽器なのです。

           

                                      

      日本の伝統文化や
         素晴らしい楽器を
受け継ぐ人に  

     1.特に、若い吹き手が少ないのです。有能な指導者達が高齢化しています。
        
今、すぐに育ってほしい。

         日本の文化の貴重な守り手として、始めてみませんか!

         指導者は各地にいますので、どうぞメールをください。
         お近くの指導者をご紹介致します。

     
2.ぜひ、他の国にはないこの素晴らしい楽器の後継者になってください。
       外国にも、この楽器の素晴らしさを認め、尺八を吹く人達が増えているそうです。
         日本の風土で生まれ育ってきた尺八を、
この環境や風土で生きる私達が
       守り継いでいきたいものです。それが願いです。

     3.色々な楽器とのハーモニーも楽しめます。ギターやピアノなど
         と一緒に楽しむこともできるのですよ。フルートが色々な楽器と
         調和するように、この尺八には独特の調和力があるのです。



       4.職業に関係なく、多くの人との交流も生まれて楽しいですよ!
         尺八を吹くときは職業も年齢も性別にも関係なく、共に良い音楽を作り出す
         ことに気持ちを一つにし、そのハーモニーに浸るのです。