SHAKULUTE  
             Shakuhachi Headjoint for Silver Flute from Monty's Homepage
  ☆ようやく手に入れました☆
        私の長年求め続けていた
素敵な楽器!!

  2004 New York Shakuhachi Festival
  2005 National Flute Association in San Diegoで招待演奏詳細

   Montyさんから出演要請、日時、招待者、演奏会・講習会日程 詳細はこちら           

   2009〜2018
     
『シャクルート愛好者のつどい』プログラム出演者・来場者の感想&新聞記事

   海外のサイトでもAncient Fluteと共に紹介されています。
   ★管楽器の専門誌「パイパーズ」で、インタビュー記事として紹介されました。
                                          ⇒記事全体の様子
                     ↑2008年3月20日発行 4月号 第320号←時期が過ぎましても、
                     バックナンバーの項
で見られます。
   2008年3月21日 北海道新聞朝刊 全道版にも掲載記事

          
Monty's new alto shakulute     2005.7.9 北見ロビーコンサート      谷藤万喜子    谷藤万喜子
                         梅田弘敏さんと        <ハープ:信国恵子さん>

                            
 Marc Berner との Alto Shakulute Duet  2006in JRy 
                    ”Amazing Grace”を聞けます。

 友人のブログでシャクルートの演奏のビデオを視聴できます。
  ⇒こちらをクリック!←2007年8月19日「虹のひろば笛吹きコンサート

 shakuluteの音色!聞いてみて下さい。   
  
       ◎製作者Montyさんのページで紹介
<CDの紅山オリジナル曲から6曲試聴できます>
  Shakulute CDのご注文は、⇒こちら    ☆皆さんからの反応メール紹介

 Shakelute独奏曲「森と湖のはざ間で」
              
〜オンネトーに魅せられて
  
Solo "IN THE SPACE BETWEEN THE FOREST
                       AND THE LAKE"
        ---Fascinated with Onne-toh(Tarn Onne)
(2003.10.13
紅山作曲)
6’15”
       第1章:Cadenza「朝陽を浴びて」           Bathing the morning sun
       第2章:Moderato「水面を渡るそよ風」        Breeze crossing the surface
       第3章:Andante「幾星霜の埋もれ木に」      To the ancient buried trees
       第4章:Lento-con moto「先人達の想いを胸に」 Recuring ancestors' thoughts
 Shakulute独奏曲「片足鳥居との語らい」
  Solo "A TALK WITH ONE-LEGGED GATEWAY"
(2003.10.30
紅山作曲)
5’15”
       第1章:Allegretto-Joyfully       「嬉々として」   
       第2章:Andante-Cadenza Violently 「"Sorrow"悲愴」
       第3章:Moderate-Hopefully      「"Prayer for the peace"平和の祈りを」
 遠軽青年会議所認承50周年式典記念曲
 Shakulute独奏曲「継承、そして勇気ある進化へ」
(2006.06.18
紅山作曲)
 4’00”
       第1章:A piacere Cadenza    「インガルシ、遥かなる大地」
                                (Alto Shakulute)
       第2章:Andante Cantabile     「試練を乗り越えて」
                                (Alto Shakulute)
       第3章:Moderato−Allegro     「今、飛躍の時」
                                ( C   Shakulute)

 シャクルートについて 〜日本における普及の経過〜>

 〜2001年から2002年の春にMontyさんが製作、2002年8月に彼のHPに紹介されました。一見して笑わないでください。
   まだ日本には3本目の可愛い楽器です(2003.3.)。
  音を聞いて見慣れれば、納得してもらえると思います。〜
     
   (2004.2〜3.私が2本目、さらに愛媛県と遠軽町梅田さんが製作注文で、6本に

   (2006.6月現在  遠軽町梅田さんが二本目、岐阜大学の学生二人、娘が一本
                       、娘のフルートのお弟子さん一本で、合計11本に)

   (2006.12月現在 私にMarcがプレゼントしてくれたAltoShakuluteを加え三本目、
                遠軽の梅田さんがダモーレ用のheadjointを製作で三本目、
                            合計で日本には13本ということでしょうか。)

   (2007.11月現在 東京の娘のオケ仲間が注文して14本目。)

   (2008.02.20   モンティさんからの情報で、今まで製作したヘッドジョイントは、
                                  100本
近くとのことです。。)

   (2008.05.30   3月20日の「パイパーズ」での紹介、21日の北海道新聞全道版で
                の掲載《上記》、さらに23日の東京新聞、4月2日の中日新聞
                反響大で、札幌・岩見沢・紋別・長野・名古屋周辺の方達が注文、
                一気に本増え、娘の知人も人ほど注文 したというので、
                日本には25本目?私を通さずに直接注文している人(2009.1.13現在
               7,8
人)もいるようなので、もう数え切れなくなりました。)

   アルトシャクルートを2006年5月11日の「シャクルートコンサート」でマークとモンティから
   プレゼントされました。もちろん、日本では、最初のアルトシャクルートです。
   フルートのストレートやカーブヘッドジョイントとは比べ物にならないくらい、ボリュームが出ます。
   そして柔らかい音色です。

    何といっても、フルートにはない低音の厚みが素晴らしい。まっすぐ息が通るからね。それに、
   縦揺り、横揺り、回し揺り自在!!さらに、尺八には容易でない、#やbの混入したパッセージも
   難なく吹きこなせるという優れものです。

   フルート奏者にとっては、そのままフルートとしても使用できますし、ヘッドジョイントを替えれば
   シャクルートに変身!!フルート奏者が歌口(ヘッドジョイント)の扱い方、吹き方を覚えれば、
   指 づかいはそのままですから、日本の曲を尺八の代わりに吹いたり、ドップラーの『ハンガリー
   田園狂詩曲』などを吹くと、フルートにはない独特の音色を楽しむことができる。

   尺八奏者にとって、「指使いが難しいのではないか、従って困難、無理。」と早急に判断しないで
   ください。私の家内は、フルートは吹いたことがないのですが、指使いも直ぐに覚えて、尺八ヘッド
   ジョイントの扱いはお手の物ですから、ピッチもよくボリュームのある音を出しています。
   曰く、「こんなに素晴らしい楽器なの。半音も簡単でいいわね。」とすっかり魅せられています。
   実は、尺八もフルートも指使いの面で言うと、次のように同じなのです。
   <例> 一尺八寸管の場合  乙=レ(D)  =ファ(F)  =ソ(G)  =ラ(A)

    高校時代に吹奏楽で始めたフルートの経験が、今こんな風に活かされるとは何と幸運なのでしょうか。
   本曲や地唄は五孔尺八で
味わい、現代邦楽は七孔尺八でハーモニーやリズムを
楽しみ
   さらにポピュラーな音楽やこのShakuhachi Head-joint Fluteに作曲した曲を
自由自在に
   
吹くことができる。

   Monty Levensonさんとの出会いが、こんな風に花咲かせることができるとは思いもよらなかった。
   ネーミングは、日本語名「フル八くん」、英語名「Shakulute」(尺ルート)で決定しました。
   MontyさんのHPでも認知されています(下記からリンク可能です)。


  
****************************************************
   ★MontyさんのHPにも紹介されています。ご覧下さい。
     Web Site:(Shakulute)   http://www.shakuhachi.com/Q-Models-Headjoint-WER.html/
 
              世界の12人のシャクルート奏者
の写真とシャクルート推奨の言葉を見られます。
          (Links P
T)  http://www.shakuhachi.com/L-ShakuhachiPlayers.html
          (Main Menu)  http://www.shakuhachi.com
 
****************************************************

   2003年5月11日、みやび会の研究発表会で「琵琶湖就航の歌・浜辺の歌・椰子の実」の
   オブリガートと「アクシス(水川寿也)」の尺八2部で初披露!!


   コンサートの翌日、早速北見市の「経済の伝書鳩」さんが取り上げて下さり、右のような記事を
   書いて下さいました。
   この他、2004年度活動情報のページには、北海道新聞の記事も掲載しています。
   ご覧下さい。

   下の新聞は、遠軽では手に入らないため、いつも演奏会に駆けつけてくれる留辺蘂町の武田
   めぐみさんが郵送してくださいました。皆さんに感謝です。ありがとう。

   
  


     ☆皆さんからの反応メール紹介


  1.プロ尺八家 Y.H.氏 :HP拝見しました!デタ〜〜ッという感じですね。
    ネーミングは「フル八くん」に一票!
     その昔、「オークラロ」が出現した時には、演奏家のニーズに支えられる事無く、
    時期尚早のため定着しませんでしたが、今ならば違うでしょう。
    フルートのスタジオプレーヤーの中には、尺八の吹き方をコピーし、「ムライキ」を
    出す人もいますが、それとて歌口の形状の問題で、パーワー等に限界があります。
    もしかすると「フル八くん」は、洋楽器奏者の方に先に浸透して行くのかも???
    ミッチリとした音色で「ナエシ」から入って行き、すぐさまクロマチックスケールを吹い
    たら、周りがズッコケルんでは???
   面白そう
ですね〜〜〜!   5/11の定期演奏会で舞台に登場した時のお客様の
    反応も楽しみです!(2003.4.20)

  2.新都山流尺八 M.T.氏:みやび会演奏会、ご苦労様でした。
    「お聞きしたい」と思い、叙情歌3曲を伴奏した先生のホームページの尺ルート演奏
    を早速聴かせて頂きました。その音色はキリッとしたキレ があり、なんとも言われ
    ぬ、品格
?音の尺八。魅せられました。(2003.5.11)

  3.新都山流尺八 M.S.氏:Monty さんの Shakuhachi Headjoint Fluteの写真
    拝見しました。確かに姿形からは従来の尺八のイメージとはほど遠いものがありま
    すね。しかし新しい文化の始まりはこうしたものかもしれません。普及すればおそ
    らく従来の尺八とは全く別の楽器として認識されることになるのではないでしょう
    か。尺八が世界に広まった結果として生じた 西洋文化と日本文化の合体による
    斬新な楽器
だと思います。
     日本の尺八家には心理的な抵抗感があると思います。しかし新しい文化の登場
    として受け入れるべき
であって排除することは決してあってはならないことだと思い
    ます。 尺八から波及した楽器として定着すれば面白いですね。(2003.4.20)

  4.フルーティスト T.Mさん:HP見ました。「シャクルート」という名前を、Yさん(作曲家
    ・ギターリスト)は大変気に入っています。
    聞きなれればいいのかも、と私も思います。(2003.4.21)

  5.岐阜大学邦楽部顧問 N氏:お忙しいスケジュールの合間を縫って、邦楽部への
    ご訪問と、とても素敵な演奏と会話を有難うございました。参加者からは「演奏、
    楽しかったねーっ」「 シャクルート、欲しいなあ」来てよかったです。」
    「谷藤さんって、とてもやさしそうで良い方でしたねーっ」などの、本当に嬉しい感想
    
が聴けました。
    私も、演奏を聴いていて、フルートっぽい透明な音色の中にメリ・カリやユリが入った
    際には、頭では十分に分かっていたつもりでも、何回も仰け反りそうな感覚に襲わ
    れました。そんなシャクルートの 想像以上の面白さに加え、柔らかくて伸びのある
    低音の響き
を実際に吹奏体験させて頂いて、とても驚かされました。
     また、実際にいくつか作曲作品を聴かせて頂いて、シャクルートの魅力や特徴
    を遺憾なく発揮できる曲
を谷藤先生が作ろうとされているご様子も、遅まきながら
     理解することができました。(2005.12.1)

  6.京都 ピアノ演奏家 U.S.様:個人的にも、先生が作曲なさった音楽と、音色に
    魅了
されました。楽器のこれからの可能性を強く感じました。私は、数年前に福田
    蘭童作曲、ピアノ伴奏付の曲を尺八奏者とコンサートで何度か共演したことがあります。
    どうしてもピアノと尺八では音量と音程の差が顕著なので融合の難しさを感じていた
    のですが、「尺ルート」なら、他の西洋楽器との融合が可能である、と確信いたしま
    した。

  7.東京 尺八演奏家・作曲家・製作者 M.Y.様 先日、私の工房で行ったフルート
    尺八交流会にはお嬢様のM様に来て頂き、実際の尺ルートも拝見させて頂きました。
    紅山様も来るという噂が広がり、楽しみにしていましたがお会いできず残念でした。
    Koさん、Nさんも来てくれまして、実演もして頂き楽しい交流会でした。
    その他、オークラウロの創設者である大蔵喜七郎さんの功績を今に伝えている
    「大倉集古館」の学芸員のTさん、わたしが所有するオークラウロを実際に集古館の
    イベントで披露することになっている尺八演奏家のK君など、今回は実際に縦に吹け
    る人が多く、かなり突っ込んだ意見を聞くことが出来ました


    その日は私が作った銀製の縦型頭部管も披露しましたが、フルートの性能を引き出し
    つつ縦に吹けるものという位置づけのつもりでしたが、集まった人たちは尺ルートの
    ほうが吹きやすく、尺八に近い雰囲気があるとのことで、軍配は尺ルートに上が
    った
という感じです。
    M様からいろいろお話をお聞きしましたが、尺ルートは右手用のアタッチメントや、
    いろいろなグレードの製品などがあるようで、長い間のノウハウがしっかりと生かさ
    れていると実感
しました。私の作るものはまだまだ、考える必要がありました。

    しかしいずれにしても「尺八の音」を手中に収めたいというフルーティストが存在し、
    その輪が広がりそうな気配
は感じました。
    また大蔵喜七郎さんが求めたものは何だったのかも、次第に解明されてきた
    
ような感じもします。

    いつか谷藤さんともお会いできましたらうれしいです。何かの機会に宜しくお願い致し
    ます。簡単ですが先日のご報告でした。(2011.5.7)

  8.北見市 FMオホーツク T.M.様 こうして、どんどんとりあげらると思います。
    尺ルートの歌口は画期的です。息の抵抗を無くし、まるで超伝導の実現です。
        (2011.7.20 UHBテレビ 「夕方テレビ:北海道タブロイド」で紹介時)