2008年3月20日発売 管楽器の専門月刊誌「パイパーズ」4月号に
                      シャクルート紹介
 copyright:2008 Magazine"Pipers"
       
     尺八と合体!多彩な表現力で ジワリ世界に浸透中
     尺八の幽玄な音とフルートの機能性を兼ね備え、
                   尺八奏者にもフルート奏者にも新しい表現世界を提供

      ≪見出し紹介≫
        ・2004年ニューヨーク市で開催された国際尺八音楽祭でシャクルートをデモンストレーションする谷藤さん。
        ・右はシャクルートの開発者モンティ・レベンソン(Monty Levenson)氏。上は05年の全米フルート協会
         コンベンションで。このコンベンションのゲストとして谷藤さんを推薦した一人に、フルート・パッドで有名な
         ストロビンガー氏がいる。左はシャクルート頭部管のジョイントテノン。
        ・高校時代からフルートを始め、中学で英語教師をしていた時代に尺八に転向。後にシャクルートと出会った
         谷藤さん。現在は演奏活動と共に「オホーツク観光大使」などもつとめ、尺八やシャクルートの普及、作曲
         などに取り組んでいる。アメリカ、トルコなど海外でも演奏を行った。