ホームへ戻る
                           自己紹介                

                                 竹歴所属団体名瓔山のページ楽歴Shakuluteへ)

        谷藤 彌(wataru)と申します。竹号(尺八プレーヤーとしての名前)は、紅山です。
                                            ようこそ私のホームページへ!長い間、貴方をお待ちしておりました。

 

        私と楽器との出会い、そして音楽や人々との出会い

      楽器の音に魅力を感じ始めたのは、小学生の頃です。ハーモニカ、オルガン、ピアノ親しむうちに、中学校入学と同時に父からのアコーディオン
     プレゼント(カラオケのない
時代、喉自慢や歌声の伴奏はアコーディオンでした)。以後、機会があれば弾いていまし た。その頃は、ハワイアンが流行しており、
     小遣いをためて
ウクレレを購入。歌い弾きまくりました。ところが、母から『もっと静かな楽器がないの?』と注文がつき、当時で2,300円のギターを小遣いで
     購入。流行歌やフォーク、クラシックなどを弾くうちに、和音の勉強
もなり、現在の楽器演奏や作曲の基礎も培われました。

                                           

       高校入学と同時に、吹奏楽部に入部し、ピッコロとフルートに明け暮れる日が続きまし た。英語教師をしながら吹奏楽の指導に24年も携われたのは、この
      頃の音楽づくりへの
努力と喜びを知ったからでしょうね。大学では、マンドリンクラブでフルートを吹く傍ら、マンドリン、マンドラ、マンドセロ、コントラバスに親し
      みました。従って、3年目からは指揮者を
しながら、編曲なども手がけました。 音楽で生きたいと思ったのもこの頃でした。

                             

        教師になってからは、転勤する先々で出会う人達と新しい音との出会いもありました。島牧村での5年間は、小中併置の学校でしたので音楽も教えることに
       なり、
リコーダーオカリナに熱中しました。
       雄武町
(5年間)では、私の一生の音楽生活を決定付ける 尺八との出会いがありました。文化の日の出演者(私はアコーディオンとフルート演奏)との
       交流会の席で、向かいに座ったお琴を弾いた方に、邦楽のことを何も知らない私は
琴や三味線には尺八が付き物と思い、「今日は、お琴と三味線だけで弾い
       ていましたが、この町には尺八を吹く人がいないのですか?」
と質問したのです。彼らが演奏したのは箏・三絃だけの曲だったのですが......
        その翌日には最初の師匠の門を叩いていました。次男坊を出産するために、二人の子どもを連れて里帰りをしていた妻達の不在の寂しさと、日本人なのに
       日本音楽を知らない無知への恥ずかしさと、島牧時代の校長が琴古流の師範で、一時、練り物の尺八で練習し、まだ持っていた事等が始めるきっかけになった
       のでしょう。


                                   

          留辺蘂町(9年間)では、吹奏楽を本格的に指導する傍ら、尺八への執着心は益々燃え、週に2回、北見市の新師匠の所まで通う日が続きました。
        准師範試験を受ける際には、
箏のことも知識として覚えなければならないので、頭で覚えるより実際に音を合わせて体で覚えようとを購入。生田原町(4年間)
        では、アメリカから来たALTのRee Fallonと共に
偶然知り合えた津軽三味線の師匠に教えを請い、没頭しました。その後も紋別市、遠軽町と転勤して居を構えて
        いますが、邦楽グループ「みやび会」の演奏会に必要な楽器を手に入
れ、締め太鼓、篠笛、琵琶、ケーナ、小鼓などの楽器の音色の虜(とりこ)になっています。

           その後、東洋と西洋の文化が生み出した新しい楽器Shakuluteとの素敵な出会いがありました。
                              <詳細は、ここをクリックしてください。>

           さらに、不思議なものですね、楽器は楽器を呼び、音楽は人と人を結びつける不思議な力を有しているのです。その後も新しい楽器たちとの出会いが続いて
         います。ということは、新しい音楽との出会いがあるわけです。薩摩琵琶は平家盲僧琵琶を私達の元に呼び招き、篠笛は中国笛子を、都山流尺八は琴古流尺八や
         中国洞簫や南簫を私の手元に運んできました。
          それぞれが今も生き生きとした音色を響かせてくれます。それぞれの楽器が作った人達の情熱や想いが伝わってきます。どの楽器も訴えます。『私の一番いい音
         を探し出してね。』と。そして夢や希望を与えてくれるのです。


           音楽を通じて多くの子供達や愛好者、演奏家達、楽器の製作者、そして作曲家達と出会うことができました。新しい楽器シャクルートとの出会いが、カリフォルニア
         のMontyさんを知ることになり、ニューヨークでの演奏を実現させ、そのことがトルコでの日本伝統文化紹介事業に招かれる要因となり、さらにJohn海山Neptune
         さんとジョイントコンサートをするために、サンディエゴでのNFAコンベンションに招待されることに繋がるのです。そこでは、新しい箏奏者達との出会いが待っています。

                 どこまでも、音楽との歩みは続きます。
世界が平和である限り....そして命がある限り.....
              
                                                

         人間にはそれぞれ個性があり、一人一人の素晴らしさがある ように、人間の歴史の中で、必要性を
     持って生まれた楽器にも
個性があり、他の楽器にはない独特の音色を持っている。
      その音に魅せられて、それぞれの楽器の本物の音に近づく ために、これからも様々な音を楽しむ日々
     が続きます。
                               以下、尺八歴所属団体瓔山のページをご覧下さい。