自己紹介     
 音楽との出会い竹歴と尺八・Shakuluteオリジナル作品
所属団体名瓔山のページへ)


                                                             English
      ☆☆☆ 楽 歴  ☆☆☆
                1961年 ~ 2000年

      楽 歴2  2001年~2005年    楽 歴3  2006年~2010年
      楽 歴4  2011年~  現在


       1945年生まれ。網走市立二見ヶ岡小学校時代から色々な楽器の音色に魅せられ、
     多くの楽器の演奏を楽しんでいる。アコーディオン、ウクレレ、ギター、フルート、マンドリン、オカリナ、
     尺八、篠笛、箏、三味線、琵琶、小鼓などを愛好し、それぞれの個性を持つ楽器の本物の音色に近づ
      くために日々研鑽し、演奏活動を行っている。

      2003年より、アメリカのMonty Levensonさん考案のShakulute( shakuhachi headjoint for the silver
     fluteを命名)の普及のために色々なコンサートで紹介し、Shakuluteのための曲を作曲し、それら
     を収録したCDを、ニューヨークで開催された2004年国際尺八音楽祭の際に同時発売された。


       1961年 網走南ケ丘高校吹奏楽部以来、フルートを吹き続けている。

       1963年 山梨県都留文科大学マンドリンクラブでは、マンドリン、フルート、指揮者を務めながら、
              作曲や編曲法を独学。

       1967年 島牧村立島牧中学校に赴任。英語と音楽を指導。
              以来、フォークソングの創作を手がける。


       1974年 都山流尺八師範 故高山港山氏(雄武町)に入門

       1977年 新都山流尺八竹琳軒大師範 故鈴木吟山氏(北見市)に転門
              この年より19年間に渡り、中学校(留辺蘂、生田原、紋別潮見)で
           吹奏楽を指導。
北海道大会で4回の金賞受賞。
              <当時の活動は、こちらで詳細を留辺蘂生田原紋別潮見
            京都の作曲家櫛田胅之扶氏との交流が始まる。櫛田氏の主要作品
           「飛鳥」「火の伝説」「斑鳩の空」等、多くの作品をコンクールで発表し、
           邦楽の普及の一助とするために貢献。

           櫛田氏の指揮で「尺八と吹奏楽のためのフィギュレーション」を生田原、
           紋別、帯広の各
地で共演する。 
           この頃より尺八曲の創作を始める。

       1982年 北海道北見検定試験にて師範の部主席登第

       1987年 生田原町でALTのLee Fallonと共に東海林林山師に津軽三味線の手解きを得る。
       1989年 菅野孝山流(津軽三味線)三絃奥伝を許される。

        1991年 新都山流尺八大師範を許される。


       1998年 邦楽ブリヤンアコール『華音』の委嘱作品「白い夜」(櫛田胅之扶作曲)を北見市で初演。
              宮田耕八朗氏(尺八奏者・作曲者)の紹介で薩摩琵琶を手に入れる。
              田原順子氏(日本音楽集団琵琶奏者)に教則テキスト作成を依頼し、奏法を学び琵琶曲
              創作を始める。


       1999年 邦楽ブリヤン・アコール『華音』の委嘱作品「移りゆく季節のかほりに」(櫛田胅之扶作曲)
              を北見市で初演。


       2000年 帯広北高等学校吹奏楽部との共演で、櫛田胅之扶作曲の「邦楽器と吹奏楽のための
              『万葉』」を櫛田氏の指揮で『華音』の箏奏者と初演。
              湧別町文化センター「さざ波ホール」にて開催された遠軽地区女性研修会の『リフレッ
              シュコンサート』に岡田ミナ子さんのピアノと尺八やフルートなどで共演。