今日はペピモンメンバーまきぴ〜の「シャクルート愛好者の集い」というコンサートに行って来ました。
 シャクルートとは、フルートに尺八の歌口をつけて演奏するアメリカ生まれの楽器。
 まきぴ〜の父上は都山流尺八の師範であり、シャクルートの日本での第一人者なのです。オリジナル曲あり、
 アレ ンジ物あり、盛りだくさんの楽しいコンサートでした。

  尺八の「一音成仏」の精神は私がフルートを吹く上での価値観の原点とも言えます。父上曰く、北海道では
 尺八の後継者不足に悩んでおられるとの事。素晴らしい楽器なのに、演奏する人が少ないのは残念な事です
 ね。

  新しい試みの機会がどんどん増えて、また魅力的な楽曲が次々増えて、もっと聴かれるようになるといい
 なぁ。意義深いコンサートでした。
                               ★zumi★(東京都/ フルーティスト・アレンジャー)

  東京都/フルーティスト田部井雅代さんのブログでも紹介されています。   

 
 (前略)コンサートは大いに楽しませていただきました。前半の皆さんはこれからも長く続けていた
 だきたい
と思います。練習ではもっと音が出ていたのではないでしょうか。私も唇の震えが止まらず、
 もどかしい思いをしたことがあります。
  後半のプロの先生方はさすがにシャクルートがどうのこうの以前に音楽をじっくりと聴かせていただき
 ました
。穏やかな語りから一転、演奏に向かうときに高まる集中力の凄さを感じました。
  太くて強い低音だけではなく、メリカリ、ムラ息、弱々しい高音が効果的でした。

  本田さんの新曲と紅山先生のソロがよかったですね。十七絃があんなに大きな音の楽器とは知り
 ませんでした
。あの演奏も出色でしたがハープとの組合せにも興味があります。

                               ☆T.N.☆(千葉市/ フルート・シャクルート奏者)

  先だっては第1回シャクルート発表会に参加させていただき、そして初めてお目にかかり、、また気持ち
 よくご教示いただきまして
有難うございました。
  人生の想い出を作っていただき御礼を申し上げます。   (中略)
 
  これを機会に、ことあるごとにシャクルートの宣伝をしたいと予定しております。この度は誠にお世
 話になりました。奥様始め、素晴らしい演奏をお聞かせいただき有難うございました。
  今後も谷藤先生の益々のご活躍を祈念いたししてお礼とさせていただきます。

                                 ・S.K.氏(シャクルート)
 
  
  先日は、大変お世話になり本当にありがとうございました。谷藤先生と哀歌を共演でき、とても嬉しか
 った
です!まだまだ勉強中ですので、色々ご迷惑をお掛けした事と思います。たくさんフォローしていた
 だき、本当にありがとうございました。

  また、谷藤先生をはじめ、ご家族の方々や共演者の方々に大変親切にして頂き、心より感謝しており
 ます。演奏会の雰囲気もとてもあたたかく、本当に参加させて頂けて良かったと思います。
  打ち上げにも参加させて頂き、とても楽しいひとときを過ごすことができました。二次会にもお誘い頂き
 ありがとうございました。

  Uさん、Kさんとも、たくさんお話ができとても楽しかったです!谷藤先生のピアノもとても素敵でした!

  今回、皆様の素晴らしい演奏を聴き、私ももっと頑張ろうという気持ちになりました。
 良い演奏ができるよう、今後も頑張りたいと思います。

  また、お会いできるのを楽しみにしております。益々のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。
     
                                              ・黒田静香さん(十七絃)

  東京にいて初めてナマで、目の前で、シャクルートなるものを聴いたのです!一番前に陣取って、
 目の前で起こることを何一つ見逃さないぞ!という気分で見て聴いて驚いて興奮して帰ってきまし
 た
。長さを替え、うた口を替えれば音質が変わるという当たり前のことが目の前で起こり、それらが
 合奏されるとどんな音になるかがよくわかって、興味尽きない「つどい」でした。

  第一部・・・皆さんの楽しそうな演奏に乗せられてつい体が揺れてしまいました。意気が伝わって
 きました。演奏している方が楽しんでいると聴く側も楽しいのです。懐かしい曲が多かったことも幸い
 でした。

  第二部・・・さすがプロという演奏でたっぷり楽しめた中で、私がとくに印象深かったことをひとつだけ
 あげさせていただきますと…お寺にあるような大きなリンのようなカネ、シンギングボールというのでしょ
 うか?楽器としてあんな使い方ができるとは意外です。我が家の仏壇にあるリンをもう少し大きいもの
 に替えて、毎朝たたいてみようかな、という気分になっています。考えてみれば声明・お経は音楽だし
 リンも楽器である
という当たり前のことを発見して嬉しくなっています。

  こうざんさんの演奏については今さら言うことはないのですが、この楽器を世界に広めたいという熱
 意がひしひしと伝わってきました
「風紋」は過去から未来へとつながるながーい時間と、ユーラシア
 大陸からオホーツクへと広がる空間の両方を暗示するものを感じて夢のようです。
  長くなりすぎたのでいったんここで切ります。来年の「つどい」が札幌ならば出かけていきたいな♪

                                             ★Kei.N.★(東京都)
 >keiさん
 シンギングボールは、大きい方が鳴らし易いそうですよ♪育てる感覚で、長く使っていると音色も豊かに
 なります。あんな風にシャクルートも鳴らしたいです。
                                             ★谷藤万喜子★                  
            
            ◎お祝いの言葉

  シャクルートの会、開催おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
 益々愛好者が増え、益々シャクルートの輪が広がりますよう祈ります。  2009.8.2(祝電)  ◆J.T.◆(東京都 琵琶奏者)

  大成功のうちに会を終了されました御様子、おめでとうございました。久しぶりにお目邇かかる良いチャンスでしたのに伺えなくて残念でした。Keiさん、随分楽しまれたようですね。お話伺いましょう。

  いつかまた機会がある事でしょう。楽しみが先に延びたと思って待ちましょう。 これからもお元気で、尺八やシャクルート、音楽の為にお力を発揮なさって下さい。 お疲れ様でした!!
       2009.8.8(メール) ◆J.T.◆(東京都 琵琶奏者)


  第一回シャクルートのつどい 無事終わって良かったですね。
 録音をチェックしましたが、やっぱりこうざんさんの音は鳴りが違います!!
 あらたな目標に向けてがんばります。瓔山さんの演奏を聴けたのも、初めてだったので貴重な体験でした。

            ◎お祝いの言葉

  谷藤さん、暑中お見舞い申し上げます。
 第一回日本尺ルートコンサートは、昨日だったのですね。お祝い申し 上げます。きのうプログラムを拝見し、きっとすばらしいコンサートでし たことでしょうね。
 バラエティに富む曲目で、それぞれに楽しいものだったろうと想像 しています。最後に「哀歌」のタイトルをプログラムに見つけ、サンディ ゴでの、昌代さんとでオーディエンスに感動の渦を巻き起こさせた すばらしい演奏を思い出していました。
 きっと、その感動の再現か、それに勝る演奏だったことでしょう。

  おめでとうございます。まずは、日頃のご無沙汰のお詫びと、東京  初の尺ルートコンサート成功のお喜びまで。おつかれさまでした。
      2009.8.4
    加代 (カリフォルニア州 Headjoint製作者 Monty Levenson氏の奥様)

  談話室に書かれた、コンサートの感想を読んでいますと、谷藤さん ファミリーと他の演奏者たちによるミラクルに観客は酔いしれたすばらしいコンサートだった様子が、よくわかります。
  ミラクルといっても谷藤さん、万喜子さんの緻密な計画、オーガナイジングスキルがあってのことですが、keiさんが、おっしゃっているように見て聴いて驚いて興奮してというのはやはりミラクルを目の当たりにした人の言葉でしょう。そういうミラクルを発現させ続ける谷藤さんファミリーに多いに敬意を表します。すばらしいです
                              2009.8.5
                                         加代

  昨日はおめでとうございました。アットホーム的な企画でなごやかなひとときでした。ありがとうござ
 いました。(中略)シャクルートは尺八のようなフルートのような、日本人の心に響く音色ですね。
  尺八とフルート両方のよいところをとって出来ているような気がしました。ステキなお嬢様との二重
 奏、息が合っていてすばらしかったです。「哀歌」という曲もシャクルートにとても良く合うと思いました。

  今後益々シャクルートが発展してゆきます様願っております。まずは心からの御礼まで。
                                    ☆Y.W.☆(東京都/ 箏奏者・編作曲家)
  
  「シャクルート愛好者のつどい」楽しませていただきました。やさしい語り口・やさしい顔はニューヨーク
 での出会いと同じ。ロングの毛が変わっただけ、お嬢様も美しく、そのご主人様も好印象で、谷藤先生
 ファミリーヽ(^o^)丿です。

  第一部の方々の演奏は「一生懸命はこんなにも心を潤してくれる、聴くほうも一生懸命になります。」
 ますます磨きをと祈っています。紅雪様のbUよかったです。紅桐様も年数少ないのにたいしたもの。
 繁八様のbRよかったです。息つぎになれるとまだ、お若いですから楽しみですね、印象にのこりました。

  谷藤紅山先生の演奏に、これぞシャクルートと感動単管はいいですね。合奏はまた楽しくなり、
 まさに音を楽しむ音楽。洋楽・邦楽とか分けますが、シャクルートは邦洋楽ですね。奥様にもくれぐれ
 もよろしくお伝えくださいませ。

  仕事が入り、最後は聴けませんでした。残念。良い会をありがとうございました。
 健康でますますご活躍を。
                  2009/08/02 A.T.(東京都/笛は琴静・尺八は竹盟社の師範・奏盟)

   ←◎北海道新聞記事    <リンク 2010 2011 2012 2013 2014

   ◎参加出演者の声
      ・谷藤万喜子さんのブログ⇒ホッと一息〜♪  mixi全力疾走の日々









      ・谷藤紅山のmixi⇒「つどい」終了報告


































   ◎演奏を聞いてくださった皆さんの声










































































◎演奏を聞いてくださった皆さんの声